【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

こちらでは、専門薬局と病院から処方される漢方薬の違いについて解説します。

医療用漢方と一般漢方の違い

漢方薬には、ふたつの種類があります。医療機関で処方される医療用漢方製剤と、気軽に手に入る一般用漢方製剤です。

医療用漢方とは?

医療用漢方は、西洋医学の病院・漢方専門病院・漢方外来で処方できます。保険が利くので、費用の負担が少なく、長期利用に向いています。ただし、漢方薬の選択の幅が狭いというデメリットが。

日本国内で承認されている漢方薬294種類のうち、保険適用されるのは148種です。

一般用漢方とは?

漢方薬局の漢方(医療用漢方薬)と、普通の薬局や通販で購入できる漢方の違いは、構成成分の量です。
薬局の漢方薬は、誰でも自由に購入できてしまうので、万が一の副作用が出ないように、医療用の漢方薬よりも生薬エキスの量を少なめに調整してあります。その成分量は医療用の約半分といわれています。

漢方外来で処方してもらった方が良い理由

漢方の専門家がオーダーメイドで薬を処方してくれる

同じ漢方薬でも、普通の病院と漢方外来がある病院では処方の仕方に違いがあります。

漢方知識がない医師だと、個人の体質を見極めることなく「この病気にはこれ」と画一的に漢方を処方してしまうことも。漢方外来ならば、西洋医学だけでなく東洋医学に精通する医師もいるため、東洋医学的な診断と、血液検査や心電図といった西洋医学的なアプローチで診察してくれます。

一方、医療機関ではない漢方薬局では薬剤師が対応します。

法律上、脈診と腹診はできません。舌診や問診で個人の体質や状態を判断します。そのため、医療機関ではない漢方薬局では話をじっくりと聞いてくれる人がいる薬局を選びましょう。相談者と向き合ってくれる薬局では、一人ひとりに合わせたオーダーメイド処方が受けられるはずです。

保険に捉われず最適な処方をしてもらえる

漢方専門の病院や漢方薬局では、患者の病気や症状にあわせて保険適用外の自由診療が行えるのが特徴。国内で承認されている漢方薬は、294種類中148種が保険適用内、のこりは保険適用外です。約半分の漢方や保険適用外の薬になります。

しかし、病院の処方は保険適用内で行われることが多く、その場合、保険適用外の漢方薬は処方されません。より多くの漢方の中から自分の症状に合ったものが欲しいなら、自由診療が可能な病院か、漢方薬局に行くことをおすすめします。

東洋医学には「医食同源」「薬食同源」という言葉があり、食べ物は薬であり病気の予防や治療もできる健康の源だと考えられています。漢方薬局によっては、この考えに基づいて栄養士が常駐し、栄養指導をしてくれるところもあります。血液検査を行い、より精度の高い処方が可能なところもあります。ぜひ実績を重視して薬局を選んでくださいね。

保険は適用外なので、費用がかさんでしまうかもしれません。しかし、エキス製剤の他に煎じ薬や生薬の配合調節も可能なので、漢方専門病院と変わらない治療が期待できます。そのうえ、最近は設備も雰囲気も洗練され、入りやすい薬局も増えているので、医療機関より利用しやすいというメリットもあります。