【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

漢方専門薬局

こちらでは、専門薬局と病院から処方される漢方薬の違いについて解説します。

医療用漢方と一般漢方の違い

漢方薬には、ふたつの種類があります。医療機関で処方される医療用漢方製剤と、気軽に手に入る一般用漢方製剤です。

医療用漢方とは?

医療用漢方は、西洋医学の病院・漢方専門病院・漢方外来で処方できます。保険が利くので、費用の負担が少なく、長期利用に向いています。ただし、漢方薬の選択の幅が狭いというデメリットが。

日本国内で承認されている漢方薬294種類のうち、保険適用されるのは148種です。

一般用漢方とは?

漢方薬局の漢方(医療用漢方薬)と、普通の薬局や通販で購入できる漢方の違いは、構成成分の量です。
薬局の漢方薬は、誰でも自由に購入できてしまうので、万が一の副作用が出ないように、医療用の漢方薬よりも生薬エキスの量を少なめに調整してあります。その成分量は医療用の約半分といわれています。

漢方外来で処方してもらった方が良い理由

漢方の専門家がオーダーメイドで薬を処方してくれる

同じ漢方薬でも、普通の病院と漢方外来がある病院では処方の仕方に違いがあります。

漢方知識がない医師だと、個人の体質を見極めることなく「この病気にはこれ」と画一的に漢方を処方してしまうことも。漢方外来ならば、西洋医学だけでなく東洋医学に精通する医師もいるため、東洋医学的な診断と、血液検査や心電図といった西洋医学的なアプローチで診察してくれます。

一方、医療機関ではない漢方薬局では薬剤師が対応します。

法律上、脈診と腹診はできません。舌診や問診で個人の体質や状態を判断します。そのため、医療機関ではない漢方薬局では話をじっくりと聞いてくれる人がいる薬局を選びましょう。相談者と向き合ってくれる薬局では、一人ひとりに合わせたオーダーメイド処方が受けられるはずです。

保険に捉われず最適な処方をしてもらえる

漢方専門の病院や漢方薬局では、患者の病気や症状にあわせて保険適用外の自由診療が行えるのが特徴。国内で承認されている漢方薬は、294種類中148種が保険適用内、のこりは保険適用外です。約半分の漢方や保険適用外の薬になります。

しかし、病院の処方は保険適用内で行われることが多く、その場合、保険適用外の漢方薬は処方されません。より多くの漢方の中から自分の症状に合ったものが欲しいなら、自由診療が可能な病院か、漢方薬局に行くことをおすすめします。

東洋医学には「医食同源」「薬食同源」という言葉があり、食べ物は薬であり病気の予防や治療もできる健康の源だと考えられています。漢方薬局によっては、この考えに基づいて栄養士が常駐し、栄養指導をしてくれるところもあります。血液検査を行い、より精度の高い処方が可能なところもあります。ぜひ実績を重視して薬局を選んでくださいね。

保険は適用外なので、費用がかさんでしまうかもしれません。しかし、エキス製剤の他に煎じ薬や生薬の配合調節も可能なので、漢方専門病院と変わらない治療が期待できます。そのうえ、最近は設備も雰囲気も洗練され、入りやすい薬局も増えているので、医療機関より利用しやすいというメリットもあります。

漢方薬局と病院の違いについて

医療費

漢方薬局と病院では、どちらも漢方薬を処方してもらうことができます。

特に最近は漢方薬を選択する人が増えている影響で、漢方外来を設ける病院も増えてきています。しかし、漢方薬局と病院は同じものではありません。漢方薬局と病院の違いについて、より詳しく解説します。

漢方薬局の漢方は保険適用外になる

漢方薬局は、その名前の通り「薬局」です。病院ではないので、たとえ医療目的で漢方薬を処方していたとしても保険診療を行うことはできません。保険診療を行うことができる機関は健康保険法によって厚生労働省が定めていて、「病院、診療所」に限られています。具体的には次の通りです。

保険医療機関は、健康保険法等で規定されている療養の給付を行う病院、診療所である。保険医療機関の指定は、病院、診療所の開設者が、その自由意志に基づいて申請することにより、厚生労働大臣が行う。(健康保険法第65条)

出典:保険診療の理解のために[PDF]
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/dl/shidou_kansa_01.pdf

漢方薬局は薬局なので病院にも診療所にも当てはまりません。そのため、健康保険法に定められた条件に合致することができないので、たとえ開設者が保険診療の申請をしても保険診療を行うことができないのです。

なので、漢方薬局で処方される漢方薬はすべて「自由診療」という形になります。健康保険の適用があれば、病院の診療費は3割や2割などの定められた割合の費用しか負担しなくて済みます。しかし、自由診療は健康保険が使用できないので全額自費負担となります。自費負担が増える分だけ料金も多くなるので、病院の漢方外来で処方される漢方薬よりも割高であることが多いです。

また、漢方薬局での処方は病院での処方と違うので処方箋も出ません。なんの漢方薬を使っているのか詳しく教えてくれたり、漢方薬の詳細を書いた紙を渡してくれたりする薬局が多いですが、中には薬を説明するだけで渡してくる漢方薬局もあります。飲んでいる薬を詳しく知りたい場合は、自分から薬剤師に詳しく質問して教えてもらうと安心です。

漢方薬局と病院ではできることが異なる

漢方薬局は病院や診療所ではないので、医師がいません。漢方薬局にいるのは漢方に詳しい薬剤師です。そのため、医師が行うような診察、つまり医療行為を漢方薬局で行うことはできません。医師法第17条において、『医師でなければ、医業をなしてはならない』という一文で定められているためです。[1]

ここでいう医業とは、触診など、その行動を行うと身体に影響を与える可能性のある行為のことです。そういった行為は医師免許を所持した医師、もしくは医師からの指示を受けた看護師などが行うことになっています。そのため、漢方薬局ではそういった診察は行っていません。

漢方薬局では、基本的に患者さんと薬剤師が対話をすることで薬を決めていきます。どのような症状なのか、何に困っているのかといった話を薬剤師がじっくりと聞いて、その患者さんの症状や体質を推測することで適切な漢方薬を選び出してすすめています。なので、病院と違って診察料は取っていないところが多いです。

相談料は無料という形でやっているところが多いので、病気ではないけれど体が弱くて不安だ、というときには漢方薬局は頼りになります。また、問診だけではなく、患者さんの手の色や顔の色などを見て薬を決めることもあります。

漢方薬局にしかできないこともある

病院や診療所にできて漢方薬局にはできないということが多いですが、その一方で漢方薬局にしかできないこともあります。まず、専門のスタッフにゆっくりと話しを聞いてもらうことができる、という点は漢方薬局ならではの特権といっても良いかもしれません。

病院や診療所は毎日多くの患者さんを診療しているので、どうしても診療にかかる時間が限られてきやすい傾向にあります。ゆっくりと話を聞いてくれる病院もありますが、そういった病院は多くの場合待ち時間も長くなってしまうことが多いです。しかし、漢方薬局はよほど人気のある場合を除いて病院ほど患者さんの数は多くありません。それに加えて適切な漢方を選ぶのにも問診が重要なため、時間をかけてゆっくりと自分の病状や心配なことを相談することができます。

また、漢方薬局で処方される漢方は自分の症状や体質に合わせて作られた、いわばオーダーメイドの漢方です。漢方の考え方では、同じ症状でもその人の体質や弱っている部分によって処方する薬剤が変わってきます。そのため、より自分の身体に合った薬を試してみたいという方にも漢方薬局はおすすめです。

この記事を作るのに参考にしたサイト

参考[1]医師法(昭和二十三年法律第二百一号)
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000201_20160401_426AC0000000069&openerCode=1#95