【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 症状ごとに見るおすすめ漢方薬の種類

症状ごとに見るおすすめ漢方薬の種類

生薬とは?

漢方薬とは、複数の生薬を混ぜ合わせてできた治療薬のこと。では、生薬とは何なのでしょうか?

生薬とは、植物の葉、花、茎、枝や昆虫、鉱物、菌類などの物質を長い歴史と経験によって利用しやすく、保存しやすいように加工したものです。つまり生薬の複合的な効果が漢方薬の効果ということになります。

植物でも、種類によって使用する部位はことなります。桃の場合は、種の部分が「桃仁」という生薬として使用。また、葛根はその名の通り、葛の根の部分になります。この他、芍薬の花は「芍薬」、サルノコシカケ科に属するマツホドというキノコを使った「茯苓」などが有名です。

植物以外の生薬もたくさんあります。鉱物では、硫酸カルシウムが元となる「石膏」、動物性のものでは、カキの貝殻を使った「牡蛎」などです。

漢方薬の種類

漢方薬の形態の種類には、煎じ薬、エキス剤、散剤、丸剤の4つがあります。

煎じ薬

生薬を水で煮だして作る本格的な漢方薬が煎じ薬になります。この漢方薬は、煎じて飲まなければならないので、手間はかかってしまいます。その代わり、より効果が得られやすく、微妙な調整を行うことが可能です。

エキス剤

エキス剤とは、一度、煎じた薬を粉末状にしたものです。煎じ薬に比べると効果は若干、劣りますが、インスタントコーヒーの様にお湯に溶いて飲むだけで良いという手軽さゆえに、近年では、最もポピュラーな種類の1つになっています。

散剤

生薬をそのまま挽いて粉末にしたものが、散剤です。足腰の冷えや生理不順に効果的な当帰芍薬散などがこれに該当します。

丸剤

丸剤は、散剤にはちみつを加えて練り固めたもの。頻尿や手足の冷えに効果がある八味地黄丸が有名です。丸剤や散剤は、調剤に時間がかかるため、漢方薬の種類としては主流になっていません。

各症状に適した漢方薬の紹介

不眠に効果的な漢方薬

柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)

イライラして眠れない人におすすめ。動悸や神経症、便秘などにも効果的です。

頭痛に効果的な漢方薬

葛根湯(カッコントウ)

最もポピュラーな漢方薬の1つ。鼻かぜや鼻炎、筋肉痛にもよく効きます。

目の疲れに効果的な漢方薬

桂枝加竜骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)

目の疲れ以外にも、不眠症や夜尿症、神経症にもおすすめです。

腰痛に効果的な漢方薬

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)

腰痛のほか、筋肉のけいれん、こむら返りにもぴったりです。

冷えや貧血に効果的な漢方薬

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

イライラを抑えたり、虚弱体質、月経不順、更年期障害に効果的。

肩こりに効果的な漢方薬

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

肩こり以外では、めまいやしもやけ、湿疹、にきびなどの症状によく効きます。

高血圧に効果的な漢方薬

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

不眠症や、胃炎、二日酔い、口内炎にもおすすめです。

胃腸のトラブルに効果的な漢方薬

安中散(アンチュウサン)

胃の痛みや胸やけ、胃もたれ、食欲不振、慢性胃炎にぴったり。

にきびや湿疹に効果的な漢方薬

温清飲(ウンセイイン)

皮膚のかさつき、色つやが悪いケース以外に、月経不順、更年期障害にもよく効きます。

足のむくみに効果的な漢方薬

五苓散(ゴレイサン)

頭痛や腹痛、嘔吐、二日酔いの場合におすすめ。

肥満に効果的な漢方薬

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

胃炎や常習便秘、高血圧による肩こりにも効果的です。