【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 知っておきたい 漢方薬の副作用

知っておきたい 漢方薬の副作用

漢方薬の副作用が少ない理由

以前、漢方薬は副作用がないことが特徴だということで知られていましたが、その後、副作用があることが分かり、大きな問題になりました。今度は逆に「本当は副作用がある漢方薬は恐ろしい薬品」という風潮が広まったことがあります。

まず副作用について見ていきましょう。副作用とは、症状を改善するために必要な薬を服用した時に出てしまう、不都合な作用のことを言います。

では、なぜ漢方薬は副作用がないという話が広まったのでしょうか。漢方薬は、歴史が長く、国内に入ってきたのは、5~6世紀ごろだと言われています。それから長い年月をかけて漢方薬は厳選されていき、重い副作用がある漢方薬は淘汰されていきました。そのため、副作用がでにくくなったため、副作用がないということになったのです。

薬である以上、副作用がないということはあり得ません。甘草という生薬は、低カリウム血症や血圧上昇などの副作用がありますし、附子は、和名をトリカブトといい、激しい毒性を持つ成分を含んでいるため、大量に摂取してしまうと死に至るケースもあります。ですが副作用が出にくいのは、このような理由があったのです。漢方薬は、適切に服用すれば副作用がほとんどないので、安心して使用することができます。;

漢方薬の効果や副作用

  食生活 対人ストレス 働きすぎ
食事改善で健康になる × ×
運動で健康になる × ×
サプリで健康になる
人間関係を改善して健康になる ×
漢方薬 効果 副作用
温清飲 月経不順、月経困難、更年期障害、神経症、皮膚炎 排尿痛、たんぱく尿、血尿など膀胱炎に似た症状
改源 発熱、鼻水、鼻づまり、頭痛など風邪の諸症状 全身倦怠感、食欲不振、黄疸、発疹などの肝炎
葛根湯 風邪の諸症状や慢性頭痛、肩こりなど 筋肉痛、血圧上昇、低カリウム血症などの偽アルドステロン症や皮疹
加味逍遥散 月経異常、更年期障害、ストレスによる心身の不調など そう痒、紅斑、小水疱
甘草湯 腰痛、こむら返り、胃痛、筋けいれん対策 浮腫、高血圧、低カリウム血症などの偽アルドステロン症
金鵄丸 痔痛・痔出血・掻痒症など 全身倦怠感、食欲不振、眼球・皮膚の黄染などの肝障害
桂枝茯苓丸 肩こり、めまい、打ち身、しもやけなど 発熱、呼吸困難などの薬剤性肺炎
柴胡桂枝湯 胃腸炎、風邪の諸症状など 頻尿、排尿痛などの膀胱炎に似た症状、咳、発熱、息切れなどの間質性肺炎
柴朴湯 のどや食道の閉塞感、動悸、めまい、吐き気など 頻尿、排尿痛などの膀胱炎に似た症状、そう痒、関節痛、咳、発熱、胸痛などのPIE症候群、(咳、発熱、息切れ、肺炎などの間質性肺炎
柴苓湯 吐き気、のどの渇き、食欲不振、急性胃腸炎、むくみなど 下腹部痛、頻尿、排尿痛、発熱などの膀胱炎に似た症状、咳、発熱、息切れ、肺炎などの間質性肺炎、倦怠感、そう痒、発熱などの肝炎
十味敗毒湯 皮膚炎、湿疹、じんましん、水虫 倦怠感などの肝障害
小柴胡湯 食欲不振、吐き気、倦怠感 黄疸、全身倦怠感、皮疹などの肝障害、気管支炎、発熱、咳、呼吸困難、チアノーゼなどの間質性肺炎、膀胱炎に似た症状、浮腫、高血圧、低カリウム血症、ミオパチーなどの偽アルドステロン症、扁平苔癬型皮疹
小青竜湯 アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支ぜんそく そう痒、浸潤性の紅斑などの発疹、四股のしびれ感、脱力感、全身浮腫、筋力低下などの仮性バーター症候群、下痢
大黄牡丹皮湯 月経不順、月経痛、便秘、痔 劇症肝炎
大柴胡湯 高血圧や肥満による肩こりや頭痛、胃炎、神経症など 咳、息切れ、発熱など間質性肺炎
毒掃丸 便秘、食欲不振、肌荒れ 気管支喘息
吐根 誤飲時の催吐 胃腸炎、嘔吐、食欲不振などの潰瘍、肺炎
附子 利尿、鎮痛、鎮静 ほてり・熱感、顔面紅潮、悪心・嘔吐、しびれ感、不整脈、心房細動、めまいなどの中毒症状、心筋伝導障害
八味地黄丸 頻尿、残尿感、腰痛、しびれ、かすみ目など 女性化乳房
防己黄耆湯 多汗症、むくみリウマチ性の関節炎 尿細管性アシドーシス、糖尿、全身疲労感などのファンコニー症候群