【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 漢方薬を詳しく紹介!歴史、特徴と診療方法を説明

漢方薬を詳しく紹介!歴史、特徴と診療方法を説明

漢方の歴史

古代中国がルーツとされる漢方が日本に導入されたのは、5~6世紀ごろだとされています。当時は、大陸にあった医学を国内に積極的に導入していた時期で、第19代天皇の允恭天皇が病にかかった時に新羅の国の医師、金武が治したという記述が残っていることは有名です。また、7世紀には遣隋使や遣唐使が派遣されるようになり、中国から直接、導入されるようになりました。このころもたらされた生薬は、人参、桂心、大黄などがあります。

このようにして日本に持ち帰られた中国の医学は、独自の進化をはじめます。984年には、医師の丹波康頼らによって日本最古の医学書「医心方」が編纂されました。

現在のような漢方の技法が用いられるようになったのは、それから数百年後の江戸時代中期。後藤良山、山脇東洋、並川天民といった人物や、その教え子たちによって徐々に浸透していきました。

ところが明治期に入ると、政府の方針によって漢方医学は衰退していきます。西洋医学の医師のみに医師免許を発行するようになったからです。このように漢方医学は絶滅の危機に瀕してしまいましたが、一部の医師や薬剤師の尽力により民間レベルでは何とか生き続けていました。20世紀になると、漢方医学を唱える医師が次々と書籍を出版し、漢方医学は再び、注目を集めるようになったのです。

1991年、日本医学会分科会に日本東洋医学会が87番目の分科会として登録。2006年には、日本専門医認定機構により、日本東洋医学会専門医も認定されるようになったのです。

漢方薬の特徴

生薬を組み合わせたもの

漢方とは、いくつかの生薬を組み合わせてできた複合剤のことを言います。生薬は、自然界にある動物や植物、鉱物などを精製することなく使っている薬のこと。例えば、桂枝湯という漢方薬は、桂枝、芍薬、大棗、甘草、生姜の5つの生薬を組み合わせたものです。

これに対し、生薬の中にある有効成分を抽出したり、類似の物質を化学合成したものを西洋薬と言います。

体質に対する治療薬

私たちが普段、薬を処方してもらう時は、風邪などの体調不良で医師の診断を受け、その体調を改善する時です。しかし、漢方薬は、症状だけでなく暑がりや寒がりといった体質、今の体力、ライフスタイルなどを加味して薬を選定していきます。そのため、同じ症状でも異なる漢方薬を処方されたり、違う症状なのに同じ漢方薬を提案されることがあります。

副作用がある

漢方薬は、天然に由来する生薬を組み合わせて作られているので、副作用がないと思っている人がいるようですが、それは大きな間違いです。薬である以上、副作用はあります。西洋薬に比べると、副作用は少ないとされていますが、中にはアレルギー反応を示す場合もあります。服薬して異変を感じたら、医師に相談するようにしましょう。

「気血水」に関する説明

漢方における自分の体の状態をチェックする物差しとして使われるのが「気血水」です。この3つは体を支える重要な大黒柱とされ、どれか1つでも弱くなってしまうと病気になりやすくなります。ですので、漢方を処方する際には、「気血水」の状態を診察で確認します。

気の柱

気の柱は、体のエネルギーのこと。分かりやすく言うと「自律神経の働きが良いかどうか」というのが最も近いと言えます。ストレスが溜まって気が不足してしまうと、無気力や疲労感、食欲不振、息苦しい、お腹が張る、動悸といった症状が見られます。

血の柱

血の柱は、体の中にある栄養のことです。血の柱が弱くなってしまうと、便秘や色素沈着、貧血、皮膚の乾燥、血行不良といった症状が出てきます。

水の柱

水の柱は、体の潤いを指します。体の潤いが不足すると、むくみやめまい、頭痛、下痢などの症状に見舞われます。

「四診」に関する説明

四診とは、漢方における診察方法のことです。望診(ぼうしん)聞診(ぶんしん)問診(もんしん)切診(せつしん)の4つをいい、これらの方法で、「気血水」をチェックします。

望診

患者の動作や容姿などから情報を得ること。顔色や眼光、皮膚の調子、舌を観察したりします。

聞診

聴覚と嗅覚による問診。声の明るさやハリ、問いかけに対する応答の様子を聞いたり、体臭や息の臭いなどを嗅いだりします。

問診

最も一般的で重要な診察方法。病歴や自覚症状などを聞きます。

切診

体に触れる診察方法のこと。脈を計る脈診やお腹を触る腹診などがあります。

「証」に関する説明(寒証熱証実証虚証)

「証」とは、漢方における診察の判断基準です。証は、寒証か熱証、実証か虚証のタイプに分けることができます

寒証

その名の通り、寒がりで汗をあまりかかない、手足が冷えるといった症状の人がこれに当てはまります。脈が遅かったり下痢気味の人もこちらに該当。

熱証

寒証とは対照的に、高血圧で暑がり、良く汗をかいて、脈が速い人が熱証です。顔が赤かったり、口がよく渇くケースもこちらになります。

実証

声が大きい、疲れにくい、血行が良い、食欲旺盛など人は、実証タイプです。筋肉質な人もこちらに該当します。

虚証

実証とは逆で、声が小さく、疲れやすい、顔色が悪い、肌が乾燥しやすい人はこちら。やせ型の人や低血圧の人もこちらになります。