【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 漢方薬を詳しく紹介!歴史、特徴と診療方法を説明

漢方薬を詳しく紹介!歴史、特徴と診療方法を説明

漢方の歴史

漢方

古代中国がルーツとされる漢方が日本に導入されたのは、5~6世紀ごろだとされています。当時は、大陸にあった医学を国内に積極的に導入していた時期で、第19代天皇の允恭天皇が病にかかった時に新羅の国の医師、金武が治したという記述が残っていることは有名です。また、7世紀には遣隋使や遣唐使が派遣されるようになり、中国から直接、導入されるようになりました。このころもたらされた生薬は、人参、桂心、大黄などがあります。

このようにして日本に持ち帰られた中国の医学は、独自の進化をはじめます。984年には、医師の丹波康頼らによって日本最古の医学書「医心方」が編纂されました。

現在のような漢方の技法が用いられるようになったのは、それから数百年後の江戸時代中期。後藤良山、山脇東洋、並川天民といった人物や、その教え子たちによって徐々に浸透していきました。

ところが明治期に入ると、政府の方針によって漢方医学は衰退していきます。西洋医学の医師のみに医師免許を発行するようになったからです。このように漢方医学は絶滅の危機に瀕してしまいましたが、一部の医師や薬剤師の尽力により民間レベルでは何とか生き続けていました。20世紀になると、漢方医学を唱える医師が次々と書籍を出版し、漢方医学は再び、注目を集めるようになったのです。

1991年、日本医学会分科会に日本東洋医学会が87番目の分科会として登録。2006年には、日本専門医認定機構により、日本東洋医学会専門医も認定されるようになったのです。

漢方医学は日本の伝統医学

奈良時代に遣隋使によって日本に伝来した中国医学は、日本の風土や気候、日本人の体質に合わせ、独自の発展を遂げるようになります。

江戸時代に日本に入ってきた西洋医学を「蘭方」と呼ぶのに対し、従来の医学は「漢方」と呼ばれ、それぞれが区別されるようになりました。こうしてみると、漢方という名称は、比較的新しいものだということがわかります。

漢方医学は、心と体は不即不離であり「気」によって支えられているという考え方を基本としています。1つの器官を重視するのではなく、身体全体の調和を目指した治療が中心です。

現在へと受け継がれる漢方薬

漢方医学に使用される薬「漢方薬」は、古代から清代までの優良処方と、日本が独自に作り出した優良処方を組み合わせてできたものです。江戸時代末期までは鎖国の影響もあり、それまで以上に日本独自の発展を遂げるようになりました。

明治になると、日本の医療制度は西洋医学を中心とするものとなり、漢方医学は衰退の一途をたどるようになります。しかし、漢方薬は一部の薬剤師や商人の力によって、民間レベルで使用され続けていました。

1976年になると、医療用の漢方薬が薬価基準に記載されるようになり、今では全国の薬局でも見られるようになりました。さらに、2015年には148種類の漢方薬が健康保険の対象となり、病院で処方されるケースも増え、私たちにとってより身近な存在となってきているのです。

漢方薬の特徴

生薬を組み合わせたもの

漢方とは、いくつかの生薬を組み合わせてできた複合剤のことを言います。生薬は、自然界にある動物や植物、鉱物などを精製することなく使っている薬のこと。例えば、桂枝湯という漢方薬は、桂枝、芍薬、大棗、甘草、生姜の5つの生薬を組み合わせたものです。

これに対し、生薬の中にある有効成分を抽出したり、類似の物質を化学合成したものを西洋薬と言います。

他にも植物の葉や種子、根、茎を乾燥させたものや、貝殻や鉱物、昆虫などが用いられ、これらを複数組み合わせて作られます。単一の成分で精製される西洋の薬とは異なり、さまざまな効能の生薬が組み合わされているため、作用の解明が複雑で難しい面もあります。

そのため、素材を選択する際は「その素材がこれまでにどれだけ・どのような症状に使用されてきたか」というエビデンスが重要な判断材料となるのです。

体質に対する治療薬

私たちが普段、薬を処方してもらう時は、風邪などの体調不良で医師の診断を受け、その体調を改善する時です。しかし、漢方薬は、症状だけでなく暑がりや寒がりといった体質、今の体力、ライフスタイルなどを加味して薬を選定していきます。そのため、同じ症状でも異なる漢方薬を処方されたり、違う症状なのに同じ漢方薬を提案されることがあります。

副作用がある

漢方薬は、天然に由来する生薬を組み合わせて作られているので、副作用がないと思っている人がいるようですが、それは大きな間違いです。薬である以上、副作用はあります。西洋薬に比べると、副作用は少ないとされていますが、中にはアレルギー反応を示す場合もあります。服薬して異変を感じたら、医師に相談するようにしましょう。

多彩な効能と豊富な種類

漢方薬は種類や効能がバリエーションに富んでいるため、それぞれの体質や病態に合わせた薬を選ぶことができます。

西洋医学では1つの症状に1つの名前をつけ、その症状に効くとされる薬を処方します。一方、漢方医学では心と体は切っても切り離せないものと捉えているため、総合的に判断して、薬を調合します。

そのため、漢方薬はたった1剤で、さまざまな効能を発揮できるのです。例えば「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」の効能は、頭痛、腹痛、肩こり、めまい、精神不安や月経不順にも効果があります。

多彩な効能が期待できる漢方薬ですが、自分に合ったものでなければ、うまく効果を発揮してくれません。選ぶ際は、症状だけでなく、自らの体質についても考慮する必要があるのです。

漢方薬が得意な症状

慢性疾患

漢方が得意とする症状は主に慢性疾患です。治るのに時間がかかる病気や、持病のように完治するのが難しい症状を和らげる効果があります。

「何となく調子が悪いけど、病院で検査しても異常が見つからない」「何となく調子が良くない」といった病気になりきらない「未病」の症状に対しても有効です。

具体的な例を挙げると、自律神経やホルモンバランスの崩れからくる症状が得意といえるでしょう。

一方、特定の菌が原因の症状や、外科手術や治療が必要な症状には迅速な治療が必要ですので、漢方薬ではなく、病院での診察が必要です。

  • 女性ホルモンの悩み
  • アレルギー疾患
  • 精神症状
  • 慢性の病気(冷え性など)
  • 虚弱体質
  • 加齢現象
  • 胃腸の病気

漢方における診察方法「四診」とは

四診とは、漢方における診察方法のことです。望診(ぼうしん)聞診(ぶんしん)問診(もんしん)切診(せつしん)の4つをいい、これらの方法で、「気血水」をチェックします。

四診によって収集した情報を分析し、統合することで、医師はその人にふさわしい漢方薬を処方します。

「心と体は不即不離である」という考えの漢方医学。多角的な視点から診療を行い、総合的な判断を行うことで、心身の調和を図っているのです。

以下、佐藤広康著の『漢方医学の初歩的概論』からの引用です。

「四診」から東洋医学的疾病の情報を収集,分析,統合し,診断・証の型分類を行うことを「弁証」という.(中略)「弁証」から適応する治療方法を決定することを「論治」,または「施治」という.漢方医学を特徴づけるものは「気の思想」と「陰陽論」である.漢方医学の病態把握には重要である.「四診」によって収集された情報を基にして,「気・血・水」「八綱弁証」「六病位」「五臓」などの弁証法から「証」が決定される.

出典:公益社団法人 日本薬理学会:漢方医学の初歩的概論[PDF]
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/132/5/132_5_260/_pdf/-char/ja

このように、四診は東洋医学における基本だと言えます。

望診

患者の動作や容姿などから情報を得ること。顔色や眼光、皮膚の調子、舌を観察したりします。

聞診

聴覚と嗅覚による問診。声の明るさやハリ、問いかけに対する応答の様子を聞いたり、体臭や息の臭いなどを嗅いだりします。

問診

最も一般的で重要な診察方法。病歴や自覚症状などを聞きます。

切診

体に触れる診察方法のこと。脈を計る脈診やお腹を触る腹診などがあります。

「証」に関する説明(寒証熱証実証虚証)

「証」とは、漢方における診察の判断基準です。証は、寒証か熱証、実証か虚証のタイプに分けることができます

漢方医学独自の考え方によって行われます。医師は患者の症状や体質、体力などから総合的に証を判断します。証に適した漢方薬を処方することを「方証相対」といい、これこそが漢方医学の基本なのです。

以下、佐藤広康著の『漢方医学の初歩的概論』からの引用です。

難解とされる東洋漢方的概念は「証」であろう.漢方医薬は3000年の臨床経験から「証」に準じた2種以上の生薬からなる複合多成分薬であるので,「証」を全く無視しての診断処方は難しい.(中略)漢方医学では症状がある限り病的状態と解釈し,脈,舌,腹証など多くの所見から「証」に基づいて治療される.そのため,同じ症状であっても身体所見・体質の相違などにより,異なる漢方製剤が投与される(「同病異治」).

出典:公益社団法人 日本薬理学会 漢方医学の初歩的概論[PDF]
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/132/5/132_5_260/_pdf/-char/ja

漢方医学における証の価値観は、西洋医学と比べた際に大きく異なる特徴だと言えます。

寒証

その名の通り、寒がりで汗をあまりかかない、手足が冷えるといった症状の人がこれに当てはまります。脈が遅かったり下痢気味の人もこちらに該当。

熱証

寒証とは対照的に、高血圧で暑がり、良く汗をかいて、脈が速い人が熱証です。顔が赤かったり、口がよく渇くケースもこちらになります。

実証

声が大きい、疲れにくい、血行が良い、食欲旺盛など人は、実証タイプです。筋肉質な人もこちらに該当します。

虚証

実証とは逆で、声が小さく、疲れやすい、顔色が悪い、肌が乾燥しやすい人はこちら。やせ型の人や低血圧の人もこちらになります。

漢方で本当の症状を判断するために

漢方を服用するときには、自分の体がどのような状態であるかを知ることが大切。漢方医学では自分の体を知るために、多くの物差しが提唱されています。そのうち、知っておきたい3つの指標を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 陰と陽
    体が冷えているか、熱がこもっているかという傾向で2つに分類します。
  • 気血水
    体にあるエネルギー・栄養・潤いが足りているかどうかを測るものです。
  • 五臓
    肝・心・体・脾・腎の5つの物差しから、体の状態や弱点をチェックできます。

「陰と陽」に関する説明

陰と陽

陰と陽とは、古代中国で生まれた自然哲学の考え方のひとつです。漢方医学では、体力や気質など、人のバランスを示す重要な指標として、陰陽のバランスが特に重要視されています。

陰と陽は常に同じバランスではありません。互いに影響し合い、時期や場面に応じて流動的に変化。

お互いの過不足を補うことで、体内外のからだの状態を整えています。 この陰と陽のバランスが整っている状態が健康であり、バランスが乱れ始めたら、あらゆる病気にかかりやすくなる前兆です。

この考え方を使用して、病気の症状を陽・陰の2つの要素に分けて分析できます。気や血など、体のエネルギーが十分にあり、新陳代謝が活発で病気への抵抗力が強い状態を陽証、反対に気・血が不足しがちで新陳代謝が衰えている状態を陰証と呼んでいます。

医学的概念 陰証 陽証
病態 寒性 熱性
気血 不足 充分
闘病反応 停滞 活発
顔色 不良
体温 低下 上昇
他覚的冷え 無~弱
温熱器具 好む 好まず
尿の色 透明 濃い

引用元:一般社団法人日本東洋医学会公式HP(http://www.jsom.or.jp/universally/examination/kyojitu.html)

「気血水」に関する説明

漢方における自分の体の状態をチェックする物差しとして使われるのが「気血水」です。気血水とは中国の伝統医学が提唱した考え方のことで、体の臓器や各組織が正常に働くために欠かせない3つの要素のことです。

このうち1つでもバランスが崩れると他の要素にも影響が及び、病気や疾患にかかりやすい状態になってしまうという考え方があります。漢方を処方する際には、「気血水」の状態を診察で確認します。

気の柱

気の柱は、体のエネルギーのこと。分かりやすく言うと「自律神経の働きが良いかどうか」というのが最も近いと言えます。ストレスが溜まって気が不足してしまうと、無気力や疲労感、食欲不振、息苦しい、お腹が張る、動悸といった症状が見られます。気は口に入れるものによって変動しやすく、体が弱い人でも栄養バランスの整った食事を摂ることで気が強まり、健康に近づくと考えられています。

血の柱

血(けつ)とは、血液そのものの他に血液の循環作用も意味します。血の柱が弱くなってしまうと、便秘や色素沈着、貧血、皮膚の乾燥、血行不良といった症状が出てきます。人間の思考を支える役割にも深く関係しているのも血です。血が不足することで精神にも悪影響をおよぼし、心身のバランスが崩れやすくなってしまいます。

水の柱

水の柱は、体の潤いを指します。体の約3分の2が水分でできている人間の体。このうち血液以外の汗・涙・唾液などを総称したものが水です。体の潤いが不足すると、むくみやめまい、頭痛、下痢などの症状に見舞われます。

気虚 気の絶対量が不足した状態です。産生の低下、消費の増加が原因です。 全身倦怠感・易疲労感・気力の低下・食欲不振をきたします。
気逆 気は頭部から下肢、あるいは中心から末梢へと向かいます。これが逆流した状態を気逆といいます。 冷えのぼせ・発作性の頭痛・動悸発作・焦燥感を引き起こします。
気鬱 気の流れがうっ滞した病態です。 抑うつ気分・喉のつかえ感・腹部膨満感などがあります。
血虚 血の量の不足した場合に血虚の病態を呈します。 皮膚の乾燥やあれ、爪の割れ、頭髪が抜けやすい、月経異常を呈します。
瘀血 血の流通が阻害された状態です。停滞して血は、血の機能を発揮できなくなるとともにかえって有害なものとなります。 不眠・精神不穏・目のくま・月経異常を呈します
水滞 体内での分布の異常、水の体外への消失、消失による量の不足をすべて水の偏在と捉え、水滞という一つの病態で認識しています。 朝のこわばり・めまい・めまい感・水様の鼻汁・立ちくらみ・嘔吐・下痢・車酔いなどがあります。

引用元:一般社団法人日本東洋医学会公式HP(http://www.jsom.or.jp/universally/examination/ki.html)

身体を支える五臓を知る

五臓とは、自然界における森羅万象を5つに分類した五行を人間の体に応用した考え方のことです。

  • ・肝 肝とは、体の循環・代謝機能をつかさどるものです。
  • ・心 心では、血液の循環や精神活動を調節しています。
  • ・脾 脾とは、消化・吸収機能をコントロールするものです。
  • ・肺 肺では、呼吸や水分の循環を調整しています。
  • ・腎 腎は、生殖・発育・成長をコントロールする機能を持ちます。

気血水と同様に、からだを健康な状態で保ちたいなら、五臓の調子を整え、コントロールすることが大切です。五臓のうち、1つでも機能が劣ったり弱まったりすると、免疫力が落ちて不調が生じやすくなり、あっという間に体が弱まってしまいます。

どの臓が弱いかは人それぞれ違います。。人によっては複数の臓が同時にトラブルを生じて弱まってしまうケースも。 このトラブルを未然に防ぐなら、自身は、どの臓にトラブルを抱えやすいか知っておくことが非常に大切です。もし自己判断が難しい場合は、漢方薬局で相談してみると良いでしょう。

五臓 機能単位としての五臓の働き 五臓の異常を示唆する症候
1.精神活動の安定化
2.栄養素の代謝と解毒
3.血液の貯蔵と全身への栄養供給
4.骨格筋のトーヌスの維持、運動や平衡の制御
1.神経過敏、易怒性、いらいら
2.じん麻疹、黄疸
3.月経異常、貧血
4.頭痛、肩こり、めまい、筋肉の痙攣、腹直筋の攣急
5.季助部の腫れ・痛み
1.意識レベルの維持、意識的活動の統括
2.覚醒、睡眠リズムの調節
3.血液の循環
4.熱の産生、汗の分泌、体温の調節
1.焦燥感、興奮、集中力低下
2.不眠、嗜眠、浅い眠り、夢が多い
3.動悸、息切れ、徐脈、結代、胸内苦悶
4.発作性の顔面紅潮、熱感
1.食物の消化・吸収、水穀の気の生成
2.血液を滑らかにし、血管からの漏出防止
3.筋肉の形成と維持
1.食欲低下、消化不良、悪心・嘔吐、胃もたれ、腹部膨満感、腹痛、下痢
2.皮下出血
3.脱力感、四肢のだるさ、筋萎縮
4.考え込み、抑うつ
1.呼吸による宗気の摂取、全身の気の流れの統括
2.水穀の気の一部から血と水を生成
3.皮膚の機能の制御、防衛力の保持
1.咳嗽、喀痰、喘鳴、鼻汁、呼吸困難、息切れ、胸のふさがった感じ
2.気道粘膜の乾燥
3.発汗異常、かゆみ、かぜをひきやすい
4.憂い、悲しみ
1.成長、発育、生殖能を司る
2.骨、歯牙の形成・維持
3.泌尿能、水分代謝の調節
4.呼吸能の維持
5.思考力、判断力、集中力の維持
1.性欲低下、不妊
2.骨の退行性変化、腰痛、歯牙脱落
3.浮腫、夜間尿、目や皮膚の乾燥
4.息切れ
5.健忘、根気がなくなる、恐れ、驚き
6.白内障、耳鳴り

引用元:一般社団法人日本東洋医学会公式HP(http://www.jsom.or.jp/universally/examination/gozou.html)