【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 効果を高める漢方の基礎知識と考え方 » 漢方薬とサプリメントの違い

漢方薬とサプリメントの違い

漢方薬とサプリメントの違い

何となく身体によいイメージの漢方薬とサプリメント。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。メリットとデメリットをあわせて解説します。どちらを選べばよいか分からない方は参考にしてください。

漢方薬とサプリメントの違い

漢方薬とサプリメントには主に次の違いがあります。

食品に分類されるサプリメント

サプリメントは、豊富な栄養を含む食品からエキスを抽出するなどして作られます。食品の成分を凝縮しているので、効率よく栄養を摂れる点が特徴です。このことは、青菜野菜を粉砕して作った青汁をイメージするとわかりやすいはずです。食品なので、病気が治るなどの効果・効能は謳えません。ただし、最近では効果・効能を謳える機能性食品・特定保健用食品が登場しています。これらの食品は効果・効能を謳えますが、あくまでも「食品」なので医薬品と同等程度の効果・効能を期待できるわけではありません。また、機能性食品・特定保健用食品に分類されているのは、サプリメントの中でごく一部の商品だけです。

サプリメントは「食品」なのでさまざまな環境で作られています。医薬品レベルの工場で作られているものから、信頼性の低い工場で作られているものまであります。効果・効能の信頼性もさまざまです。機能性食品や特定保健用食品のように信頼性の高いものもあれば、よく分からないものもあります。あくまでも、健康を補助する「食品」なので、その品質は製品により大きく異なります。

医薬品に部類される漢方薬

漢方薬は、さまざまな生薬を組み合わせることで作られます。生薬には、生姜やウコンなどのように食品に分類されるものと、アシュワガンダなどのように医薬品に分類されるものがあります。病気を治すため、あるいは体質を改善するため、食品や医薬品を組み合わせたお薬が漢方薬です。医薬品に分類される生薬を使用している漢方薬は医薬品に分類されます。これらの漢方薬には、病気を治す働きや体質を改善する働きがあります。つまり、サプリメントより高い効果・効能を期待できます。医療機関で処方される漢方薬の中には、保険が適用されるものもあります。漢方薬の効果・効能は2000年以上にわたる歴史と科学的な根拠により裏付けられているので、漢方薬はサプリメントより信頼性が高いと考えられています。

漢方薬とサプリメントでは選び方が異なる

サプリメントは、不調など気になる点にあわせて自由に選べます。期待できる効果・効能などをもとに選べばよいだけです。対する漢方薬は、効果・効能だけを見て選べばよいものではありません。どのような体質の人がどのような症状に悩んでいるかなどを考えて選ぶ必要があります。同じ「身体がだるい」という症状でも、体質が違うと選ぶべき漢方薬は異なります。サプリメントはレディメイド、漢方薬はオーダーメイドが基本といえます。

漢方薬とサプリメントのメリット・デメリット

漢方薬のメリットは、サプリメントに比べ信頼性が高いことです。医薬品に分類される漢方薬は、病気の治療や体質の改善ができます。自分の体質に合わせたオーダーメイドの治療を受けられる点も漢方薬のメリットといえるでしょう。一方のデメリットは、漢方薬選びが難しいことです。自分に合った漢方薬を選ぶには、漢方外来や漢方薬局を利用する必要があります。

対する、サプリメントのメリットは、効果・効能を確認するだけで製品を選べる手軽さです。しかし、効果・効能の信頼性や製品の信頼性は漢方薬に大きく劣ります。気になる症状などがある方は、サプリメントより信頼性の高い漢方薬を利用したほうが良いでしょう。

漢方薬 サプリメント
分類 医薬品(一部を除く) 食品
信頼性
保険 〇※1 ×
オーダーメイド ×
手軽さ ×

※1.すべての漢方薬に保険を使えるわけではありません。