【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【エリア別】信頼できる大阪の漢方専門薬局ガイド » 泉州・南河内のおすすめ漢方専門薬局 » 漢方サカグチ薬局

漢方サカグチ薬局

「漢方サカグチ薬局」の特徴や得意分野、取り扱っている商品、基本情報などを紹介しています。

漢方サカグチ薬局の特徴とは

漢方サカグチ薬局_公式キャプチャ画像
引用元HP:漢方サカグチ薬局
http://sakayaku.net/

得意分野(相談が多い領域)

アトピー性皮膚炎

取り扱う漢方食品・サプリ

日水牛黄清心丸/消風散/柴胡桂枝湯/竜胆瀉肝湯/バーリィグリーン大麦若葉エキス

その人が持っているチカラを高める提案

漢方サカグチ薬局で取り扱っている漢方薬の処方は常時100種類以上。その人の症状に合わせ、自然治癒力を引き出す漢方薬を提案してくれます。また、病気のため薬を飲んでいる人は体力が落ちてしまいがちと言い、めぐりをよくする漢方薬を提案。体質を整えることで、薬の効き目も良くなると考えています。薬の効き目が悪いなと感じたら、一度相談してみてはいかがでしょうか。

アトピー性皮膚炎に力を入れている

漢方薬を使ったアトピー性皮膚炎の対策は、胃腸や呼吸器を強くしてアレルギーを起こしにくくするものと皮膚の状態を整えるものとに分かれます。漢方サカグチ薬局では、前者に補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)、後者には玉屏風散(ぎょくへいふうさん)などを処方。アトピーの状態や症状、改善したいポイントに合わせて漢方薬を選んでくれますよ。

日本中医薬研究会に所属

日本中医薬研究会は、中国漢方の知識を学び広めるための研究会です。サカグチ薬局は、この日本中医薬研究会に所属。研究会は、病になる前の状態(未病)の段階で手を打ち、大病へ繋がらないようにするという理念を持っています。サカグチ薬局もそれにならい、病気予防に先手を打つような漢方薬を提案してくれるでしょう。

漢方相談

調子が悪いけどどんな漢方が合っているか分からない・薬を飲んでいるけど漢方も試したいといった疑問は、漢方相談で解消してくれます。生活習慣や食事内容などから、体質に合う処方をしてくれるでしょう。病気の症状を何とかしたい要望にも、きちんと応えてくれます。

漢方サカグチ薬局の口コミ・評判

調査したところ、こちらの薬局を利用した人の声、および薬局側の実績例などは見当たりませんでした。

>>症状別に厳選!大阪で実績のある漢方専門薬局ガイドはこちら<<

漢方サカグチ薬局の取り扱い漢方

漢方サカグチ薬局がアトピー性皮膚炎の方に処方している漢方薬についてまとめました。

竜胆瀉肝湯(抗炎症、利尿)

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう) は、体力が弱っていない人向けの漢方薬です。排尿時に痛みや残尿感がある人、尿に濁りがある人に向けた処方です。抗炎症作用は膀胱の炎症を抑え排尿時の違和感を緩和してくれます。炎症を抑える効果がアトピー性皮膚炎にも有効だとして、漢方サカグチ薬局では処方を行っています。

消風散(抗炎症、湿疹)

消風散(しょうふうさん)は、湿疹に処方される漢方薬です。肌の赤みやかゆみを抑え、ジュクジュクした傷にも良いとされています。体力が中くらいある人用となっているので、体が弱っているときの使用は推奨されていません。利用してみたいけど自分に合っているか分からない場合は、薬局で相談してから使用するといいでしょう。

滋陰降火湯(抗炎症、咳)

滋陰降火湯(じいんこうかとう)は、咳を鎮めてくれる漢方です。体力が無く肌が乾燥している人に適しています。痰がからまない乾いた咳の症状がある人に処方されます。体が乾燥している状態を改善してくれるので、状態によりアトピー性皮膚炎の人にも処方しているようです。

玉屏風散(肌の調子を整える、風邪)

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)は、体力が弱っていて疲れやだるさを感じている人に処方される漢方薬です。風邪や気管支炎、慢性的な鼻炎、花粉症といった症状を改善してくれます。そうした症状をほうっておくと、発熱や頭痛、かゆみを生じることから、アトピー性皮膚炎の人にも処方されます。

桂枝湯(肌の調子を整える、風邪)

桂枝湯(けいしとう)体力が無い人が風邪をひいたときに処方される漢方薬です。風邪と言えば葛根湯ですが、体力が無い人が使用してもあまり効果が得られないため、桂枝湯が合っていると言われています。桂枝湯を使用することで、免疫バランスを整え、アレルギー症状が出ないようにサポートしてくれるそうです。アトピー性皮膚炎では、肌がごわつくときに適しているとされています。

桂枝加竜骨牡蛎湯(肌の調子を整える、ストレス改善)

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は、ストレスによるイライラや不眠を改善する漢方薬です。精神の不安定さが原因の不調を落ち着かせてくれます。アトピー性皮膚炎は、ストレスによっても症状が悪化するため桂枝加竜骨牡蛎湯が処方されることも。しっかり休む時間が足りずストレス過多と感じている人は、処方してもらえるか相談してみるといいでしょう。

漢方サカグチ薬局の基本データ

所在 大阪府河内長野市木戸西町1-1-35
アクセス 河内長野線「310号線」千代田駅前交差点から車で2分
営業時間 9:00~19:00(土曜は15:00まで)
定休日 水曜、日曜、祝日
相談受付方法 電話、メール、来店
9:00~19:00(土曜は17:00まで)