【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【エリア別】信頼できる大阪の漢方専門薬局ガイド » 泉州・南河内のおすすめ漢方専門薬局 » 片桐棲龍堂

片桐棲龍堂

 

「片桐棲龍堂」の特徴や得意分野、取り扱っている商品、基本情報などを紹介しています。

片桐棲龍堂の特徴とは

片桐棲龍堂_公式キャプチャ画像
引用元HP:片桐棲龍堂
http://www.katagiriseiryudo.com/index.html

得意分野(相談が多い領域)

記載なし

取り扱う漢方食品・サプリ

紅雪冬夏/青海冬夏泉/田七蟲草蜂王精/吉祥蘇霊廣

創業文禄2年の老舗

豊臣秀吉から土地を賜り、江戸時代は近隣藩の御典医を務め、現在も400年以上の歴史を繋いでいる老舗漢方薬局です。建物は国の登録文化財になっており、資料館もあります。片桐家伝来の医学資料、全国規模の医学資料が展示され、日本のみならず海外からの研究者も訪れます。

伝統医学を継承

伝統漢方の専門薬舗であり、生病老に対する漢方の考え方をわかりやすく説明します。取り扱うのは漢方煎薬、散剤、丸剤、錠剤と多種多様。健康相談も受け付けています。また、数社しか取り扱っていない、日本独特の漢方生薬製剤も用意。多くは貴重なものであるため、受注生産かつ入手まで30日ほどかかります。

漢方の世界に貢献

日本本来の伝統漢方薬を復活させたり、資料館にある資料をもとに漢方薬を開発したりと、漢方の世界において重要な貢献を果たしています。また、牛黄という生薬が一般用薬品として認可されたのも、片桐棲龍堂が行政官庁や各製薬メーカーとともに尽力をつくしたからという経緯があります。

片桐棲龍堂は貴重な生薬を利用したい方にオススメ

片桐棲龍堂は400年以上の歴史を誇る老舗漢方薬局です。蓄積された片桐家の医学資料は海外から研究者が学びに来るほど価値があるといわれています。所有する医学資料を利用して、開発し許認可となった医薬品・健康食品もあります。

片桐棲龍堂は、日本漢方に軸足を置きつつ中国伝統医学である中医学をもとに作られた中成薬なども取り入れています。最大の特徴となっているのが、国内でも数社しか取り扱っていない日本独自の漢方生薬製剤を取り扱っていることです。また、食事指導や健康相談を行うほか、漢方煎薬、散剤、丸剤、錠剤なども幅広く取り扱っているため、体質に合った漢方薬の提案ができます。その信頼度は、何世代にもわたり通い続ける顧客が多いことからもわかります。貴重な生薬と歴史に裏打ちされた豊富な知識に魅力を感じる方、本格的な漢方薬局を利用したい方などにオススメです。場所は、南海本線湊駅から徒歩で10分です。

片桐棲龍堂の口コミ・評判

女性の横顔のイラスト

一緒にいた友人が、服を着ていて体もさわられていない状態で、左の乳房の異常を指摘されました。病院で検査したら乳がんだったそうです。幸い初期だったので問題ありませんでした。また、ここは無駄な漢方を出さないのも好印象です。妹は10回くらい店に行っていますが、『あなたはどこも悪くないでしょ』と言われ、薬を買わせてもらっていません。

片桐棲龍堂の代表者・片桐平智氏を紹介

創業は鎌倉時代、400年以上つづく漢方薬局片桐棲龍堂の17代当主片桐平智氏は、大阪薬科大を卒業した後、薬剤師として大阪府衛生部(現:健康福祉部)に勤務した後、片桐棲龍堂を継いだ薬の専門家です。

片桐棲龍堂の歴代当主は岸和田藩や伯太藩(現:和泉市)の御殿医を務め、明治以降は家伝漢方薬の製造販売をしていた歴史のある漢方薬局。その末裔である片桐氏も、漢方の使用方法や処方などを受け継ぎ、訪れた人に適した漢方を選んでいるようです。

片桐氏は、日本漢方を基礎に置き、中国の伝統医学である中医学や中成薬理論なども取り入れ、「生、病、老」に対する考え方を分かりやすく説明し、伝統医学の素晴らしさを承継しています。

片桐棲龍堂の取り扱い漢方

紅雪冬夏

チベット仏教医学では、三大機能性食品と呼ばれているのが、天然野生である「紅景天」「雪蓮花」「冬虫夏草」の3つが主原料となっています。そこにプラスして加えられているのが、田七と拘杞子です。

まずは紅景天についてですが、赤血球が酸素を取り込む能力を高めるパワーがあり、チベット民族にとって必須の機能食品として用いられていました。紅景天はチベット医学では、血行・肺を良くして咳をとめる、熱を下げる効果があるといわれています。

次に、雪蓮花については、女性の体調不良とホルモンバランスを整える力があります。そのことから、いろいろな婦人病に効果があると期待されています。さらに、血液疾患や生活習慣病、糖尿病などにも最適です。

そして、冬虫夏草については中国で不老長寿の薬膳として用いられてきた成分です。虫としての特徴も、草としての特徴も合わせ持っている、ちょっと不思議な生物ですが、とても注目されています。

これらを組み合わせて作られた天然健康補助食品だからこそ、幅広い効果が期待できるでしょう。

青海冬夏泉

中国の青海省と青海チベット高原で天然の冬虫夏草を用いて青海宝鍳堂国薬有限公司で製造されている漢方です。冬虫夏草とは、キノコの一種である「コウモリガ科の幼虫にフユムシナツクサタケが寄生、子実体を形成したもの」です。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、中国の青海や四川など奥地で海抜4000mの草原など、土地の肥えているところに発生します。

冬の間は虫として育って、夏になると草となる、なんとも変わった性質を持っています。毎年、立夏と呼ばれる前後の季節で、長くても30日間しか採れる時期はありません。

現地には自然がそのままで残されており、動植物性資源はとても豊富。その現地で採取された野生の冬虫夏草を主原料とし、さらに美しい空気と清らかな水を使用して作られたのが、天然滋養飲料である青海冬夏泉です。

呼吸器の弱り、疲れなどを感じている人におすすめできます。楊貴妃をはじめとした貴族たちが、若返りの秘薬として愛用していたという言い伝えもあるほどです。また現在の中国でも、貴重な生薬として扱われています。特に肺と腎に対して高い効果が期待できるでしょう。

田七蟲草蜂王精

田七蟲草蜂王精の主原料は、冬虫夏草・田七人参・ローヤルゼリーとなっており、ハチミツやクコの実エキスなども入っています。

冬虫夏草だけでは飲みにくいですが、それ以外の成分をバランスよく配合することによって、とても飲みやすくなっています。健康には良いものを、だけど飲みにくいものは苦手、という人でも気軽に飲める漢方です。

体の中から元気になりたい、スタミナをつけたい、というときにお勧めです。元気になるための清涼飲料水であっても、カフェインは含んでいません。カフェインを避けたい人でも飲むことができます。

吉祥蘇霊廣

吉祥蘇霊廣は、中国の片仔廣と呼ばれる、数百年前から健康に役立てられてきた健康補助食品をモデルとして作られています。朝起きた時の目覚めを改善、1日を元気に過ごしたい、お酒を飲むことが多いという人向けです。

成分として使われているのは、田七人参・蘇合香・蛇胆・霊芝・蜜柑果皮などです。田七人参は、収穫まで3年から7年もかかることで、田七ではなく三七人参と呼ばれることも。蘇合香は芳香や清涼感があり、ムスクと同じように香料に使われます。

蛇胆はマムシ1匹あたり0.1gしか採取できない素材で、霊芝は日本で吉祥茸や幸茸と呼ばれており、幸運を呼ぶ素材。そして蜜柑果皮は柑橘系の香りを漂わせ、さわやかな気分にしてくれるでしょう。

>>症状別に厳選!大阪で実績のある漢方専門薬局ガイドはこちら<<

片桐棲龍堂の基本データ

所在 堺市堺区西湊町3丁1-16
アクセス 南海高野線「堺東駅」下車
南海バス 南循環右回り 東湊3丁下車 西入る
営業時間 10:00~12:00/14:00~18:00
定休日 日曜、祝日、第1・第3土曜
相談受付方法 来店
10:00~12:00/14:00~18:00