【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【エリア別】信頼できる大阪の漢方専門薬局ガイド » 泉州・南河内のおすすめ漢方専門薬局 » 漢方の葵堂薬局

漢方の葵堂薬局

一人ひとりとじっくり向き合う薬局「漢方の葵堂薬局」の特徴や得意分野、取り扱っている商品、基本情報などを紹介しています。

漢方の葵堂薬局の特徴とは

漢方の葵堂薬局_公式キャプチャ画像
引用元HP:漢方の葵堂薬局
http://aoidou.co.jp/

得意分野(相談が多い領域)

不妊/イライラ・うつ/がん

取り扱う漢方食品・サプリ

サプリ/たんぽぽ茶/明煌 (オンラインショップにて多数商品取扱いあり)

子宝相談で評判!二人目不妊も実績あり

不妊治療のサポートに定評があり、国内外から子宝相談が寄せられるほど。「一人目の後、15年できなかった二人目ができた」という実績例もあります。不妊治療を続けているが恵まれない、体外受精を進められた、という方には、特におすすめの漢方薬局です。

月10人に限定された無料カウンセリング

健康に関する無料カウンセリングは、悩んでいる人を支援することが目的であり、営利目的ではありません。そのため、人数を毎月10人に制限しています。患者の話をじっくり聞くだけではなく、健康診断や血液検査の結果を見ることで、全体のバランスを確認し、理論的かつ的確なアドバイスを行います。

辛いがんの痛みや治療の副作用緩和もサポート

漢方処方によるがんの痛み、治療による副作用緩和や再発予防の相談も多く受け付けています。血液検査から治療状況をチェックしたうえで、漢方処方だけでなく、食事面からの免疫力向上に向けたサポートも行うのが特徴。体力に不安がある方は、電話相談も可能です。

漢方の葵堂薬局の口コミ評判

女性の横顔のイラスト

明煌というサプリメントは即効性があり、素晴らしいです。飲むのを止めたら明らかに目がぼやけてきます。再開すればまた調子が良くなるので、効果があるのではないでしょうか。色々な人に紹介しています。

女性の横顔のイラスト

結婚して2年経っても妊娠せず、病院の検査でも異常なし。なかなか妊娠せず悩んでいた時に、友人から葵堂さんに相談することをすすめられました。半信半疑で相談したのですが、葵堂さんのアドバイス通りにしたところ子宝に恵まれました。無事に出産し、こうして赤ちゃんを抱くことができ、嬉しくて仕方ありません。

女性の横顔のイラスト

葵堂さんは処方箋も取り扱っており、病院から処方された薬を受け取るついでに相談したところ、気軽に相談に乗ってくれました。そこから病院治療と一緒に漢方薬を処方してもらい、子宮の状態、体調が良くなってきました。気持ちも明るくなり、ストレスの発散もできるように。しばらくすると自然妊娠していることが分かり、本当に驚きました。

>>症状別に厳選!大阪で実績のある漢方専門薬局ガイドはこちら<<

漢方の葵堂薬局の代表者・西岡敬三氏を紹介

漢方の葵堂薬局の代表を務める西岡敬三氏は、製薬会社と漢方薬局両方の経験を持つ薬剤師です。西洋医学と中国医学の知識を持ち、現代医学では治療が難しいと言われる生活習慣病や慢性病などの漢方治療にも携わっています。

血液検査の結果から訪れた人の栄養状態を把握し、体調不良や症状の原因に関してわかりやすく説明してくれる専門家です。目の悩みやアレルギー、不妊を改善する漢方をメインに取り扱っており、豊富な経験から症状にピッタリな薬剤を処方してくれます。

西岡氏はまだ病気になっていない状態の予防にも取り組みたいと話しており、食事療法や生活改善などの漢方以外の面にも力を入れているとのこと。全国から相談や治療に訪れる人が多く、実績も申し分ない薬剤師といえます。

漢方の葵堂薬局の取り扱い漢方

漢方の葵堂薬局では漢方を各種取り扱っています。不妊や目の悩み、アトピーにそれぞれ適した漢方をご紹介。現在体質についての悩みがある人は、漢方について知ったうえでピッタリのものを処方してもらいましょう。

明煌

目に良い成分とされるアワビをメインに、目の悩みを改善する16種類以上の生薬を配合した漢方です。目の症状で悩んでいる人のために研究し、作られています。

アワビは中国の1300年以上前の書物「食療本草」に、肝臓を活性化させ目を明るくする効果が紹介されている食材です。殻は多くの漢方に使われており、目の病気を改善させる効果が期待できます。タウリンやビタミンA、亜鉛、真珠たんぱくなど、目に良い成分が凝縮されており、目の毒を取り除き肝臓の働きを高めてくれるのが特徴です。

他にもクコの実やマリーゴールド、ウコンなど目に良い成分を含む植物が入っているため、アワビとの相乗効果で、内側から症状の改善に働きかけてくれるでしょう。

杞菊妙見(目)

杞菊妙見は地黄・山茱萸・山薬・茯苓・沢瀉・牡丹皮からなる六味地黄丸の処方に、枸杞子(クコの実)と菊花を加えた漢方薬。

漢方医学では疲れやすさや目の症状は、目と密接に関係している肝と腎の働きが弱まっていることが原因とされます。そのため、地黄や山茱萸などの疲れをとる生薬を多く配合して体力の衰えを改善するのです。また、目に良い枸杞子(クコの実)と菊花によって肝と腎の働きを高め、疲れ目・かすみ目などを治療。栄養が不足した陰虚状態を元に戻します。

疲れやすく手足のほてり、口の渇きがあるかどうかが処方の目安になります。加えてかすみ目や疲れ目、めまい、視力低下などの症状が見られる場合にも服用することがあるようです。

消風散(アレルギー)

消風散は漢方の古典と言われる中国の医学書「外科正宗」に収載されており、かなり昔から皮膚疾患の治療に使われてきた散剤です。体外から侵入してかゆみを引き起こす「風邪(フウジャ)」を消す作用があります。かゆみの強い湿疹性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、じんましんなどに対して処方されるようです。

かゆみを軽減する成分として、防風や荊芥などが入っています。木通や苦参が広がったかぶれを抑え、赤みを鎮めるのが特徴。

消風散の主な効果は皮膚炎に伴うかゆみの抑制ですが、赤みや水ぶくれといった皮膚の症状に効く生薬も配合されています。そのため、乾燥タイプの皮膚炎と湿潤タイプの皮膚炎、どちらにも対応できる漢方です。

温清飲(アレルギー)

冷えを温める「温」、熱を冷ます「清」の効能を持つ漢方が温清飲です。体を温める効果がある当帰と熱を持っている部分を落ち着かせる黄連が配合されていることが名前の由来となっています。

温清飲は婦人科疾患と皮膚科疾患を改善するための薬として利用。四物湯と黄連解毒湯が配合されているため、乾燥タイプのアトピー性皮膚炎のかゆみや乾燥を抑えるのに効果的です。黄連解毒湯の作用によって、アトピー性皮膚炎の患部の熱も冷ましてくれます。

アレルギー体質が原因のアトピー性皮膚炎では、温清飲を含んでいる漢方薬を使って治療するところも多く、アレルギー体質からくる皮膚疾患治療に欠かせない薬だといえるでしょう。

越婢加朮湯(アレルギー)

花粉症や湿潤タイプのアトピー性皮膚炎など、アレルギー体質の人がかかりやすい疾患の治療として、越婢加朮湯があります。

配合されている生薬は麻黄・石膏・甘草・白朮(蒼朮)・生姜・大棗など。麻黄や朮が溜まった水分を出し、石膏と甘草が炎症を抑えるため、皮膚がパンパンに腫れたり、むくんだりしている症状の改善に有効です。関節炎や熱感の強い湿疹、皮膚炎にも適しています。また、越婢加朮湯は脾気を発越(発散)させることが由来で、生姜や大棗などの成分に胃や腸を守る効果が期待できます。

越婢加朮湯を処方する場合、口の渇きやむくみ、汗、尿量の減りなどが目安になるため、これらの症状が出ている人は注意が必要です。皮膚炎では、患部がジクジクしているときに服用します。

香蘇散(不妊)

香蘇散は蘇葉や香附子、陳皮、生姜、甘草が配合された漢方薬です。香附子と蘇葉が主成分であることから、香蘇散と名付けられました。中国の宋時代に編纂された「和剤局方」という医学書に初めて掲載され、風邪の初期症状を治す薬として紹介されています。

香蘇散は体質を変える漢方として、不妊治療にも用いられます。

血(けつ)の働きを高める甘草が頭痛やめまい、肩こりなど血管系の不調を患っている人の血液のめぐりを改善し、体の冷えや血行不良を改善。基礎体温を安定させられます。

また、長期の不妊症で起こりやすい気の滞りも、香附子によって元に戻しやすくなります。香蘇散を飲むことで、気の停滞で起こる頭の重さや抑うつ感などの症状を改善できるでしょう。

漢方の葵堂薬局の基本データ

所在 大阪府堺市東区日置荘西町4-36-7
アクセス JR南海高野線「初芝」駅より徒歩1分
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜、祝日
相談受付方法 無料電話、FAX、来店カウンセリング
10:00~19:00