【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【エリア別】信頼できる大阪の漢方専門薬局ガイド » 大阪市内のおすすめ漢方専門薬局 » 御幸の漢方

御幸の漢方

御幸の漢方(みゆきのかんぽう)の特徴や得意分野、取り扱っている漢方、基本情報などを紹介しています。

御幸の漢方の特徴とは

御幸の漢方_公式キャプチャ画像
引用元HP:御幸の漢方
http://www.miyukinokampo.com/

得意分野(相談が多い領域)

がん/体力低下/膝関節/肩こり/息切れ/蓄膿症/更年期症候群/アレルギー性鼻炎/めまい/座骨神経痛/消化器疾患/咽喉頭

取り扱う漢方食品・サプリ

高麗人参を主薬としたオーダーメイド調剤(煎液)

がん治療の副作用による体力低下を阻止

御幸の漢方は、がん治療と漢方薬の併用を推奨している薬局です。がん治療は、抗がん剤や放射線を用いた方法が主流で副作用が強いため、体力を大きく奪れてしまう傾向があります。御幸の漢方は、体力を補う漢方薬を処方することで、がん治療のQOL(生活の質)向上をサポート。また、がんの進行を阻止する漢方薬の症例をまとめ、国際統合医学学会で発表しています。摘出手術が難しく余命6か月と宣告された肺がん患者が御幸の漢方で漢方療法を受けたところ、肺がんが消失した事例もあるそうです。

症状に合わせて調剤するオーダーメイド漢方

御幸の漢方は漢方処方の効果に関する症例をまとめ、日本東洋医学会学術総会にて発表してきた実績があります。膝関節に関する症状は、132例中96例が改善。肩こりは126例中96例が改善。更年期症候群は119例中87例改善しているそうです。これまでの臨床研究データにもとづいて症状に合う生薬を調剤し、オーダーメイドの漢方薬を処方してくれるため、症状改善が期待できます。

御幸の漢方の口コミ・評判

調査したところ、こちらの薬局を利用した人の声、および薬局側の実績例などは見当たりませんでした。

>>症状別に厳選!大阪で実績のある漢方専門薬局ガイドはこちら<<

御幸の漢方の代表者・岩井孝明氏を紹介

岩井氏は、50年以上漢方生薬に携わってきた経歴があるベテラン薬剤師です。数ある漢方生薬の中でも、とくに高麗人参を使った生薬に強いこだわりをもっています。

長野県に専用の畑をもつ岩井氏は、土づくりから10年以上かけて栄養バランスの良い高麗人参を育成。サポニンやビタミン、ミネラルをバランスよく含む質の高い高麗人参を収穫しています。収穫した高麗人参は、根の部分をセイロにかけて紅色になるまで蒸したのち、自然乾燥させて紅参(こうじん)という生薬に加工しているそうです。

岩井氏は、一人ひとりの体質や症状、味覚に合わせて紅参をはじめとする生薬を調剤。飲みやすい液状タイプの漢方として、試飲用に1回分から処方しています。

御幸の漢方の取り扱い生薬

御幸の漢方は、体質や服用する目的に合わせて複数の生薬を調剤したオーダーメイドの漢方を処方している漢方薬局です。御幸の漢方がとくに品質の高さに力を入れている生薬・紅参についてご説明します。

紅参(疲労や体力低下)

紅参は、中国で2,000年以上前から親しまれている高麗人参という薬用ハーブの根が原料の生薬です。主に、疲労回復や体力増進、胃腸や自律神経を整える目的などで利用されます。

紅参の薬効のほとんどは主成分「サポニン」によるものです。高麗人参が原料の生薬には紅参と白参がありますが、サポニンの種類・量が多いのは紅参のほう。白参は皮を剥いで自然乾燥させるため甘みがありますが、加工過程でサポニンが失われてしまいます。対して紅参は、皮ごと蒸したあとに自然乾燥させるため、サポニンの種類や量が失われません。御幸の漢方は、サポニンの含有量が最も多い6年草の高麗人参の根を使用しているため、とくに薬用価値が高いと言えます。

御幸の漢方の基本データ

所在 大阪府大阪市天王寺区東上町5-13
アクセス 阪堺電気軌阪堺線「寺地町」駅より徒歩10分
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜、祝日、第1・3土曜
相談受付方法 電話、ファックス、メール、来店