【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【エリア別】信頼できる大阪の漢方専門薬局ガイド » 大阪市内のおすすめ漢方専門薬局 » 廣田漢方堂薬局

廣田漢方堂薬局

「廣田漢方堂薬局」の特徴や得意分野、取り扱っている商品、基本情報などを紹介しています。

廣田漢方堂薬局の特徴とは

廣田漢方薬局堂_公式キャプチャ画像
引用元HP:廣田漢方堂薬局
http://www.hirota-kanpodo.com/

得意分野(相談が多い領域)

不妊/アトピー・アレルギー

取扱う漢方食品・サプリ

ライセイジュ大地の恵み/ライセイジュ海の一雫

漢方と鍼灸の二本立て

廣田漢方堂薬局は、一人ひとりの悩みや症状を分析したのち最も適切な治療を提案できるように、漢方と鍼灸を用意しています。

毎日継続的に飲み続けられる漢方は、体の内側から悩みや症状に働きかけてくれます。細い鍼ともぐさを使用する鍼灸は、体の外側から悩みや症状にアプローチできる治療法です。どちらも、体質そのものを改善して悩みや症状の根本的な原因を解消する東洋医学にもとづいたもの。悩みや症状を抑える(いわば見たくないものに蓋をする)西洋医学の薬とは、使用目的が大きく異なります。

廣田漢方堂薬局では、特性が異なる漢方と鍼灸を上手に組み合わせたり、体質や原因に合わせて使い分けたりすることで、治療効果を高められると考えているそうです。

気(原動力)、水(うるおい)、血(栄養)のバランスが乱れて心身共に優れない人には、バランスを調整する漢方を組み合わせて処方。1日およそ1~3回の漢方服用で少しずつ体のバランスが整えられます。

気、血、津液(※血液以外の体液のこと)の通り道となる「経路」が詰まっている場合は、平均2週間1回のペースで鍼灸治療を実施。経路の詰まりを改善して、体の機能を回復させます。

漢方と鍼灸それぞれの役割

廣田漢方堂では、漢方と鍼灸を用いて内側と外柄から治療を行い、より確実に症状を改善できるような処方設計をおこなっています。

漢方では、相談者に1日に1~3回服用してもらうことで体の不調を内から改善。鍼灸治療では、働きが鈍っている経路を鍼や灸で調節することにより、機能を回復させるきっかけを与え、崩れたバランスを整えます。

真剣に相談してもらうため初診相談料を2000円に

廣田漢方堂薬局は、漢方処方・鍼灸治療に真剣に取り組むべく、あえて初診相談料を2000円に設定しています。悩みを解決してもらえるなら初診相談料が発生してもかまわないという本気のお客さんだけを受け入れ、二人三脚でサポートするためです。

一般的な薬局は初診無料で、ちょっとした不安や悩みを相談しやすいアットホームな環境がほとんど。ただし、利用者が多い分待ち時間が長く、カウンセリング時間が短い傾向があります。

そのため、廣田漢方堂薬局はあえて初診料を設け、深刻な悩みを抱えている人々の相談にしっかりと対応できる環境をつくっているのです。

廣田漢方堂薬局の口コミ・評判

女性の横顔のイラスト

2歳の時からアトピー、アレルギーに悩まされていました。酷いと学校を休むこともありました。鍼灸師の先生に廣田漢方堂薬局を紹介され、本格的に漢方薬を始めることに。以前はアトピーのほかにも、風邪、疲れやすさ、痒みによる不眠で悩まされていましたが、飲み始めてからは疲れもとれ、働きやすくなりました。皮膚の状態も良く、夜中に目が覚めることも減ってきました。

女性の横顔のイラスト

生理は不順で体温が低く、人工授精に挑戦しても妊娠しませんでした。体外受精にチャレンジしようと思い、プラスアルファで漢方や鍼灸も受けようと廣田漢方堂薬局に行きました。不安もありましたが、自分に合った漢方を出してもらい、体調の変化のたびに調合を変えてもらってリラックスしながら生活しています。体温も上がって妊娠できたので、出産~出産後まで飲みつづけていきたいとおもいます。

女性の横顔のイラスト

働きはじめてから月経のたびに肌荒れが酷く、市販のニキビケアの薬も効果なし。根本から治そうと思い、廣田漢方堂に行きました。飲みつづけているとニキビが減ってきて、生理痛も軽減しました。今では肌の調子も気にならなくなりました。

廣田漢方堂薬局の代表・廣田雲州(三知郎)氏を紹介

廣田氏は、薬剤師と鍼灸師の資格を所有する廣田漢方堂薬局の院長です。出身は神戸薬科大学。大学卒業後は調剤薬局で働いていましたが、薬を飲んでも状態が良くならないお客さんとのやり取りの中で自身の無力さを感じたそうです。そこから、自分の医学知識やできること広げようと思い立ち、鍼灸専門学校に通い始めました。専門学校卒業後は、漢方の研究を行う「春生会」と鍼灸医学の研究を行う「北辰会」で技術を磨き、29歳の時に独立。自身が代表を務める廣田漢方堂薬局を開院しました。

現在もなお毎日2時間ほど専門書を読み、東洋医学の勉強を続けている廣田氏。調剤薬局勤務時代の無力さをバネにしながら、一人ひとりの悩みをしっかりと解決するオーダーメイド治療を心がけているそうです。

確かな知識と技術はもちろん、真面目で真摯に向き合う姿勢を持ち続けている廣田氏は、体の不調に悩むお客さんたちから熱い信頼を得ています。

廣田漢方堂薬局に行く前に知っておきたい2つのポイント

「漢方を飲めば、鍼灸に通えば良くなるだろう」と安易に考えている人は要注意。廣田漢方堂薬局の公式サイトでは、漢方処方や鍼灸治療で悩み・症状を改善するために、次の心構えが大切だと解説されています。心構えについて、詳しく見ていきましょう。

漢方や鍼灸だけでは改善しません

体の不調を改善するには当人の努力が欠かせないというのが廣田漢方堂薬局の考えです。漢方や鍼灸の効果をしっかりと引き出すために、次の3つのことを実践してほしいと呼びかけています。

生活習慣を見直す

漢方処方や鍼灸治療と並行して、生活習慣を見直すようすすめています。気、血、水が乱れる不規則な生活を送り続けていては、漢方や鍼灸治療の効果を最大限引き出せません。生活を見直して、睡眠時間の確保や適度な運動、ストレス解消や栄養バランスの良い食事などを心がけてください。

診察には嘘偽りなく答える

廣田漢方堂薬局は、診察内容をもとにオーダーメイドで漢方を処方しています。そのため、診察時にあいまいな答えや嘘が混じると悩みや症状に合った漢方を処方できません。体の不調を取り除いて快適に過ごすためにも、診察にしっかりと答えて適切な漢方を処方してもらいましょう。

薬剤師が定めた漢方薬の用法用量を守る

オーダーメイドで処方された漢方薬でも、飲む量や回数、頻度を守らなければ意味がありません。処方された漢方薬は、薬剤師の指導にそって、決められた用法・用量を守りながら服用してください。

時間がかかることを覚悟しましょう

漢方や鍼灸をはじめとする東洋医学は、体質を改善する目的で用いられるものです。飲めばすぐに症状がおさまる西洋医学の薬とは、役割が大きく異なります。そのため、悩みや症状が改善するまでにある程度の時間がかかることを心にとめておきましょう。

漢方の種類や組み合わせによっては短期間で効果を発揮するものもありますが、長期間で効果を発揮する漢方薬と比べて費用が高くなります。また、短期間で効果を発揮する漢方薬は副作用が強く現れるおそれがあるため、虚弱体質の人や持病を抱えている人が無理に服用するのは危険です。

短期間で効果を得ようと焦らず、あなたの体質や服用中の薬、体の不調や症状、予算などを相談したうえで、最も適した漢方処方や鍼灸治療を提案してもらいましょう。

>>症状別に厳選!大阪で実績のある漢方専門薬局ガイドはこちら<<

廣田漢方堂薬局の基本データ

所在 大阪府大阪市港区弁天4-5-1
アクセス JR「弁天町」駅より徒歩3分
営業時間 平日/10:00~18:00
土曜/10:00~14:00
定休日 日曜、祝日
相談受付方法 受付時間内に、電話かWEBにて予約(完全予約制)
平日/10:00~18:00
土曜/10:00~14:00