【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » 生理痛・生理不順

生理痛・生理不順

生理中に、下腹部痛や腰から尾てい骨あたりに感じる痛みを「生理痛(月経痛)」といいます。痛みの程度には個人差があり、症状が重い人であれば、激痛で吐き気をもよおしたり、気絶したりと、生活に支障をきたすケースもあります。

また、生理中には腹部の痛みに加えて、頭痛や頭の重さを感じる、胸がムカムカする、嘔吐する、貧血気味になる、食欲がなくなるといった症状を伴うことがあります。

月経痛・生理不順の病院(西洋医療)の考え方

生理は、妊娠の準備のために厚くなった子宮内膜が妊娠しなかった場合に不要となることから、血液と一緒に排出される現象を指します。子宮口から経血を押し出すために子宮の筋肉が収縮するのですが、この時に生理痛を感じると言われています。

ストレスを感じている、疲れている、睡眠不足、自律神経が乱れている、身体が冷えている、食生活が乱れているといった原因でホルモンバランスが崩れていると生理痛が起きやすく、さらに痛みも酷くなってしまいます。

また、生理痛の主な原因としては、「プロスタグランジン」というホルモンの過剰分泌や、子宮の発達は未熟なケースなど、いくつかのパターンが考えられています。

また、重い月経痛のことを、「月経困難症」と呼びます。「月経困難症」には「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮の炎症」などの病気に起因する「器質性月経困難症」と、はっきりとした原因が特定できない「機能性月経困難症」のふたつがあります。

病気に起因する「器質性月経困難症」は30代以降の女性に、原因が断定できない「機能性月経困難症」は10~20代前後の女性に多い症状です。

「月経困難症」の治療には、機能性、器質性のいずれに対しても、痛みに対しては痛み止め(非ステロイド性鎮痛薬)を用います。ただ、痛み以外の症状にはあまり効果が期待できず、人によっては胃腸障害(胃腸の炎症や潰瘍)を起こす場合もあり、注意が必要です。また、器質性月経困難症の治療には、痛み止めなどと並行して、原因となっている病気を治していく必要もあります。

漢方医療から見た月経痛・生理不順の原因/考え方

中医学・漢方医学における生理痛は、血のめぐりが滞っている、「お血」とよばれる状態によるものと考えられています。それによって痛みが出たり、経血にレバーのような塊が混じったりする、ということです。また、その原因については、体に必要な「気・血・水」、のバランスが崩れて上手く流れていないケースと、「気・血・陰・陽」が不足しているケースがあるとされています。

血液や血液循環の異常で起こると考えられている生理痛に対し、漢方の世界では、血行が滞って血行不良になる「お血」と、血液が不足した「血虚(けっきょ)」、それぞれに効果のある漢方薬を用い、改善を図っていきます。これによって血液の問題が改善されることで、生理痛だけでなく、他の症状・不調が一緒に改善される、ということも期待できます。

生理痛・生理不順に使用される漢方薬

ここでは、生理痛・生理不順に効果が期待できる漢方薬を紹介していきます。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

のぼせて足が冷えるタイプの生理痛、生理に伴うイライラがある方におすすめの漢方です。「血(けつ)」のめぐりを促すことで、のぼせや足冷えなどを感じる方の生理痛、月経不順、月経異常などの改善が期待できます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

足腰が冷えや、生理不順がある方などにおすすめの漢方薬です。全身に栄養を行き渡らせて血行を良くし、水分代謝を整えて体から余分な水分を抜くことで、足腰の冷え症や生理不順を改善します。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

生理トラブルなど、女性特有の症状・トラブルに有効な漢方薬です。全身の「気」「血(けつ)」の流れを良くすることで、生理前や生理中に起こりがちな、下腹部痛や便秘、精神不安などの症状を緩和します。もちろん、生理痛にも効果が期待できます。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

女性が抱えやすい症状や、心身の不調を改善に導く漢方薬です。「気」を全身にめぐらせるとともに熱を冷まし、足りない「血(けつ)」を補い、体のバランスを整えます。とくに、交感神経の興奮によるイライラや不眠など、中高年女性が感じやすい神経症状に用いられます。また、自律神経の調整にも効果が期待できます。

四物血行散(しもつけっこうさん)

貧血に伴う全身倦怠・低血圧など、血のトラブルに用いられる漢方薬です。血液の循環を整えることで、低血圧をはじめ、婦人科系のさまざまな症状を改善へと導きます。特に、倦怠感やめまいなど、貧血に起因する症状がある人にはおすすめです。

漢方以外でできること

生理痛のケアにおいては、生活の見直しも大事です。体を温めて冷えに注意する、軽い運動をする、ストレスをためないようにする、規則正しい生活を心掛けるなど、日常生活からリズムを整えていくことも、生理痛の症状緩和の大きな要素になります。また、どうしても痛みが辛いときは、我慢せず休むようにしましょう。

最後に

生理痛は、多かれ少なかれ、女性に生まれた以上は付き合っていかなければいけないというものでしょう。ただ、症状が緩和できるのであれば、それに越したことはありません。日々の生活から症状の起きにくいリズムを作っていくとともに、漢方の力も借りて、快適に過ごしていきたいところですね。

漢方を使って症状緩和を図るということであれば、きちんとした資格を持つ漢方の薬剤師に相談をしてみてください。症状に合わせた漢方を処方してくれるだけでなく、生活に関するアドバイスもしてくれることでしょう。漢方薬局では、一人ひとりに合った処方を行うため、ヒアリングに時間をかけ、丁寧に行ってくれるところが多くなっています。そこで現状や悩みをこと細かに話していくことが、症状改善の第一歩と言えるのではないでしょうか。

また、重い生理痛に関しては、子宮筋腫や子宮内膜症など、大きな病気が原因となっていることもあります。万が一を考え、漢方薬だけに頼るのではなく、西洋医学的な検査も受けるようにしてください。