【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » 更年期障害

更年期障害

このページでは、辛い更年期障害を漢方で乗り越えたい方のために、更年期障害に使用される漢方について紹介しています。

原因や症状についても解説していますので、こちらも合わせてお読みになり、更年期障害についてよく理解した上で、自分に合った漢方を探してみてください。

そもそも更年期障害とは

更年期障害とは、50歳前後の女性の体に起きる心身の変化や不調、生理的変化とそれに伴う諸症状のことです。

病気ではないものの、不安感や動機などさまざまな症状が身体に現れるため、医学的な治療が必要になる場合も少なくありません。

また、更年期障害の一特徴として、明確に自覚症状がある人とそうでない人がいます。西洋医学ではエストロゲンを補充するためのホルモン補充療法(HRT)、精神神経症状を抑えるための抗うつ薬や抗不安薬の処方などによって治療が行われますが、東洋医学を源泉にした漢方による体調改善のサポートも行われています。

更年期障害の原因

更年期障害の原因は、ホルモンバランスの崩れや自律神経の失調があるといわれ、女性の身体に起こる「閉経」が関係しています。

日本人女性の場合は50歳前後で閉経を迎え、それを境に卵巣の働きやエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモホルモン分泌が顕著に減少していきますが、これにより徐々に体の機能がおかしくなり、自律神経の失調に陥るなどして、更年期障害になるというわけです。

更年期障害の症状とタイプ

更年期生涯の症状は数百種類もあるといわれ、不安感・イライラ・不眠・頭痛・めまい・肩こり・冷え・関節痛・ほてり・のぼせ・発汗・動悸・息切れなどさまざまなものがあります。

食欲不振・肥満・頭痛・むくみなどの全身症状、性交痛や不正出血など生殖器系の症状も同様です。

不安感やイライラは普通の人にも起こりうる症状ですが、症状の程度が重く、仕事ができなくなったり寝込んだりする場合は、更年期障害の症状を疑ってもよいでしょう。何らかの治療が必要になるかどうかを見分けるポイントは、症状によって「日常生活に支障をきたしているかどうか」です。

更年期障害の場合、症状の現れ方は人によって異なるので、ケースバイケースで考える必要があります。

また、ほとんどの人が症状を自覚しているといわれますが、中には更年期を迎えていながら症状が出ない人もいます。更年期障害の症状における注意点としては、一見ありふれた症状の中に、実は重篤な病気に至る可能性のある症状も少なくないことです。

そのため、症状だけで更年期障害と判断することには危険性もあることを覚えておきましょう。

更年期障害に使用される漢方

更年期障害に使用される漢方は、症状や体質に合わせて様々なものがあります。

体力が中程度以下で、肩こり・疲労・不安・不眠症のある人には「加味逍遙散(かみしょうようさん)」、同じく体力中程度以下で、手足のほてりや不眠などの症状がある場合には「温経湯(うんけいとう)」、やや虚弱体質で、頭痛や冷えがある人には「五積散(ごしゃくさん)」、体力が比較的あって頭痛やめまい、肩こりがある人には「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、のぼせるタイプの更年期障害で、なおかつ神経症も伴う人には「温清飲(うんせいいん)」、冷えやむくみにも用いられる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などです。

更年期障害に使用される漢方には様々な種類があるので、自分の症状や体質に合ったものを選ぶ必要があります。