【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » 不妊・妊活サポートに強い大阪の漢方薬局 » 不妊の治療サポートに用いられる当帰芍薬散

不妊の治療サポートに用いられる当帰芍薬散

漢方において不妊の悩み解消に処方されることのある当帰芍薬散。ホルモンバランスの乱れや貧血といった体質にアプローチすることで、不妊体質の根本改善を目指せる漢方薬です。このページでは当帰芍薬散が不妊改善をサポートする仕組みや注意すべき副作用、服用のタイミングなどをまとめています。

不妊と当帰芍薬散

漢方の考え方では、不妊の原因は主に「ホルモンバランスの乱れ」か「血行不良」。中でも血行不良は悪化するとホルモンバランスの乱れを引き起こし、不妊状態を長引かせることもあります。当帰芍薬散は血流を良好にすることでホルモンバランスを調整。身体を妊娠しやすい状態にしてくれる漢方薬です。

血を補って妊娠しやすい身体を目指す

漢方において、血行不良には「血虚」と「於血(おけつ)」の2種類があります。血虚はいわゆる貧血の状態で、血を補う働きの漢方薬が処方されます。当帰芍薬散は血虚を改善する漢方薬です。於血は血がドロドロになって流れにくい状態のこと。於血が不妊の原因と思われる場合には桂枝茯苓丸や桃核承気湯などが処方されます。

とはいえ、漢方では不妊の原因をピンポイントで解消するのではなく、全身の健康を整えることで妊娠しやすい身体を目指すのが基本。「自分は貧血気味だから当帰芍薬散を飲もう」と自己判断せず、漢方薬剤師や医師に相談の上で、最適な漢方薬を処方してもらうことをおすすめします。対症療法ではない、漢方ならではの全人的(全身の健康を考える医療のこと)な療法で不妊解消を目指しましょう。

体外受精のサポートにも用いられる

血行を良くすることでホルモンバランスを整える効果がある当帰芍薬散。中でも卵胞の成長を促すホルモンを分泌させる働きに注目が集まっています。体外受精を始めとする病院での不妊治療にも当帰芍薬散がサポートとして用いられているのだとか。

当帰芍薬散は、「病院での不妊治療と並行して漢方を服用してみたい」と考えている方に特に知っておいてほしい漢方薬です。

当帰芍薬散を飲む際の注意点

当帰芍薬散には全身に栄養を行き渡らせ、貧血を改善する作用があります。同じ造血作用を持つ薬剤を併用すると効果が強く出過ぎて体調を崩す可能性があるので注意が必要です。

漢方薬の中には妊娠中に飲むと早産・流産のリスクを高めてしまうものもありますが、当帰芍薬散にはそのような働きはありません。むしろ子宮周辺の血行や代謝を良くする効果があるので、妊娠中の女性にも頻繁に処方されます。ただし、妊娠中の身体はデリケートなので、当帰芍薬散が必ずしも良い効果をもたらすとは限りません。素人では予想できない副作用に見舞われるリスクもあります。当帰芍薬散を服用する際にはまず専門の薬剤師や漢方にくわしい医師に相談。身体に合っているのかどうか確認したうえで飲むことをおすすめします。

当帰芍薬散の副作用

当帰芍薬散の服用中に、以下のような副作用が現れる場合があります。

  • 発疹
  • かゆみ
  • 食欲不振
  • 胃の不快感
  • 吐き気・嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢

上記の症状が現れたら漢方薬剤師か医師に早めに相談しましょう。

また、もともと胃腸が弱い方や食欲不振・吐き気といった症状のある方が当帰芍薬散を服用すると、副作用が強く出てしまうリスクがあります。体調が思わしくない方は専門家への事前の相談が必須と言えるでしょう。

>>不妊の改善サポートに実績のある大阪の漢方薬局はこちら<<