【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » 不妊・妊活サポートに強い大阪の漢方薬局 » 不妊の悩みに処方される桂枝茯苓丸

不妊の悩みに処方される桂枝茯苓丸

漢方において不妊改善に用いられることの多い桂枝茯苓丸(けいしりょくぶがん)。不妊だけでなく女性の幅広い悩みに効果を発揮すると考えられています。このページでは桂枝茯苓丸が不妊改善をサポートする仕組みや副作用、飲む際の注意点などを調査してまとめています。

不妊と桂枝茯苓丸

漢方の考え方では不妊の原因は大きくわけて2つ。ホルモンバランスの乱れと血流の停滞です。中でも血流の停滞は悪化するとホルモンバランスの乱れを引き起こして不妊の状態を悪化させるので、より根本的な原因と言えます。桂枝茯苓丸は血流を良くすることで不妊治療をサポートする漢方薬。

血流の改善は結果的にホルモンバランスの正常化に繋がり、月経不順・月経困難の解消も期待できます。女性の体質を根本から整えてくれるのが桂枝茯苓丸なのです。

男性不妊にも処方される

不妊の原因が男性側にある男性不妊の改善に桂枝茯苓丸が処方されることもあります。桂枝茯苓丸は、座り過ぎや運動不足による前立腺のうっ血・充血を改善。精嚢周辺の血流が促進されることで造精機能が活発になり、男性不妊が改善される場合があるのです。

男性の不妊原因は前立腺のうっけつ・充血以外にも精子の通り道が塞がれる「精子の通貨障害」や、精液中に精子がほとんど存在しなくなる「無精子症」などさまざまな原因があります。そのため「桂枝茯苓丸を飲めば男性不妊はすべて解決される」というわけではありません。まずは専門知識を持つ漢方薬剤師か医師に相談し、自分の体質にあった漢方薬を探してもらうことをおすすめします。

桂枝茯苓丸を飲む際の注意点

血流を促進して不妊改善をサポートする桂枝茯苓丸ですが、妊娠した後は服用を止めてください。これは桂枝茯苓丸に流産・早産を引き起こす働きがあるからです。

桂枝茯苓丸には「牡丹皮」と「桃仁」という、子宮を収縮させる作用をもつ生薬が含まれています。妊娠中に子宮収縮が起こると、流産や早産につながってしまうリスクがあるのです。

桂枝茯苓丸は不妊以外にも肩こりや頭痛、にきび、めまいといった悩みにも効果を発揮するので、妊娠後にも服用を続けたくなるかもしれません。しかし、薬剤師や医師に相談せずに服用するのは止めておくべきと言えます。

桂枝茯苓丸の副作用

比較的副作用が弱いと言われる桂枝茯苓丸ですが、体質によっては下記のような副作用がでることも。

  • 肌のかゆみ
  • 発疹
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 発熱
  • 肝機能障害

また、肝機能障害が起きている際に、「皮膚や白目が黄ばむ」「倦怠感」といった初期症状が現れる場合があるので、身体の変化に注意が必要。

副作用は体質によって出方が異なるため、ここに記載した以外の症状が起こる可能性も。また、桂枝茯苓丸と同じ血流促進の働きを持つ西洋薬を併用すると、桂枝茯苓丸の副作用がより強く現れます。身体に気になる変化が起きたら、医師や薬剤師に早めに相談しましょう。

>>不妊の改善サポートに実績のある大阪の漢方薬局はこちら<<