【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » 不妊・妊活サポートに強い大阪の漢方薬局 » 不妊改善をサポートする補中益気湯

不妊改善をサポートする補中益気湯

不妊のなかでも、男性不妊の際に利用したい補中益気湯(ほちゅうえっきとう)について解説します。

不妊と補中益気湯

補中益気湯は、名前のとおり「気」を「補う」ために利用されている漢方薬です。体に悪いところは見られないのに、気力がなく持っている力が発揮できないときに処方されます。胃腸の働きを高めることで食欲不振を改善し、気を取り入れられるようにしてくれるといいます。

不妊のサポートに補中益気湯が良い理由

精液の濃度や精子の運動率を改善したという研究結果があるため、男性不妊に悩んでいる方に合っている漢方薬と言えるでしょう。男性機能の改善にも補中益気湯は処方されています。

女性であれば気のめぐりを良くして生理不順や不正出血といった症状の改善も期待できる漢方薬です。また、子宮下垂という症状があるときに処方されます。子宮下垂は進行すると子宮脱となり、手術が必要になる場合も。子宮下垂は、不妊に直接関係がないとされていますが、貴重な時間を不妊治療以外に費やすことになってしまうため、早めにケアしておくのがいいでしょう。

気が補充されることで体調が整っていくため、ストレスに強くなり、不妊の原因が精神的なものにある場合にも有効です。

補中益気湯を飲む際の注意点

補中益気湯は、「体力や元気がなく胃腸の働きが悪く手疲れやすい人」に向いている漢方薬です。当てはまらない方が服用しても、思うように効果は得られないかもしれません。漢方に詳しい医師や薬剤師に相談の上服用するといいでしょう。体質に合っていることが分かったうえで、ドラッグストアで気軽に購入できるタイプを使用して良いかも相談してくださいね。

また、不妊治療中の服用は問題ありませんが、妊娠中や授乳中の服用は安全性が認められていません。妊娠がわかったら、すぐに飲むのを止めるようにしてください。

補中益気湯の副作用

補中益気湯の副作用には、以下のようなものがあります。

副作用

  • 発疹やじんましん
  • 食欲不振、胃の不快感
  • 悪心
  • 下痢

中でも、重大な副作用について以下にまとめました。飲み始めて体質改善の兆しがなく、下記の症状に当てはまる場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

ドラッグストアでも気軽に購入できますが、初めて利用するときは専門知識を持った医師または薬剤師に相談しましょう。

重大な副作用

  • 間質性肺炎(発熱、空咳、息切れ、呼吸困難)
  • 偽アルドステロン症(尿の量が減る、顔や手足のむくみ、まぶたの重み、手のこわばり)
  • ミオパチー(体がだるく手足に力が入らない、手足の引きつりやしびれ)
  • 肝機能障害(体がだるい、肌や白目が黄色くなる)

>>不妊の改善サポートに実績のある大阪の漢方薬局はこちら<<