【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » 頻尿

頻尿

排尿障害の一つである頻尿を、漢方で改善に導くことは可能でしょうか?もちろん可能です。

漢方は、頻尿の原因を独自の理論で解明し、体質に合う漢方をいくつか用意する、頻尿になりにくい生活習慣をアドバイスするといった改善策を提示しています。

こちらのページでは、漢方が考える頻尿の原因、西洋医学が考える頻尿の原因、さらに頻尿に使用される漢方について紹介します。それぞれを掘り下げて詳しく解説していますので、ぜひ参考になさってください。

漢方で見る頻尿の原因

頻尿の原因は、漢方と西洋医療で考え方が異なります。

漢方では、人間の体を構成する「気」「血」「水」のうち、「水」に異常をきたしていることが原因と考え、「水」の状態を正常に戻すことで五臓六腑を安定させ、頻尿を改善に導きます。

「水」は血液以外の体液など水分全体を指します。「水」が著しく不足している、あるいは潤いが少なく流れが悪いために、排尿・排せつ・水分代謝に関わる器官に不具合が生じ、頻尿が生じると考えています。

処置としては、排尿トラブルの根本原因である「冷え」を取り除くこと。その際には、八味地黄丸や牛車腎気丸などの漢方を勧めることもあります。

西洋医学が考える頻尿の原因

一方、西洋医学では「頻尿」について、以下のような原因がある場合に生じやすいと考えています。

  • 脳血管障害や脊髄損傷など神経に問題がある
  • 神経以外の水分の摂りすぎ
  • 膀胱炎などの感染症
  • 前立腺肥大
  • 加齢
  • 骨盤底筋など機能低下に問題がある

感染症があるときは抗菌剤を使い薬物治療によって感染を抑えます。

自律神経の働きに関与するアセチルコリンという物質が原因の場合は、「抗コリン薬」を用いてアセチルコリンを抑えます。また、TVT手術、TOT手術など手術療法や、電気・磁気刺激療法、腹圧性尿失禁を予防する骨盤底筋体操、β刺激薬の投与など、複数の療法を症状に合わせて取り入れます。

頻尿の症状

頻尿の症状といえば、残尿感や多尿、下腹部や会陰部の不快感などが一般的ですが、頻尿にまつわる症状、あるいは頻尿の原因になりうる疾患にも注意を向ける必要があります。

具体的には、膀胱が活動し過ぎになる「過活動膀胱」、前立腺が肥大化し排尿障害も引き起こす「前立腺肥大症」、ストレスや不安など精神的な問題で生じる「心因性頻尿」、膀胱内に細菌が入って炎症を起こす「膀胱炎」、血糖値が高くなる「糖尿病」、不妊や流産の原因にもなる「子宮筋腫」、骨盤底筋の機能低下により起こる「骨盤臓器脱」などです。

これらはそれぞれ独立した疾患と思われがちですが、頻尿との繋がりが深く、頻尿の前兆となって起きる可能性もあるため、関連症状として認識しておく必要があります。

頻尿に使用される漢方

頻尿の症状を和らげるために使用される漢方には、八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃぎんきがん)、猪苓湯(ちょれいとう)、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)があります。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

排尿異常や足腰の痛みに用いられる漢方。日常生活を送るうえでは問題がない(体力中程度以下)ものの、顔色が悪く、疲れやすく、冷えを伴う場合に用いられます。

牛車腎気丸(ごしゃぎんきがん)

泌尿器など下半身の不具合に用いられる漢方。日常生活は遅れるものの体力が落ちている状態(体力中程度以下)で、顔色が悪く冷えを伴い、胃腸障害がなく、尿量減少や多尿を伴う排尿障害や頻尿の方に勧められます。

猪苓湯(ちょれいとう)

頻尿、残尿、血尿など排尿異常全般に用いられる漢方。排尿異常がある場合の頻尿、残尿感、血尿、排尿痛などに使われることが多く、体力の程度は問いません。

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

排尿異常の緩和に有効な漢方です。日常生活は遅れるものの体力が落ちている方(体力中程度以下)で、胃腸が弱く、不安感やイライラなど神経症状を伴い、全身倦怠感がある場合の頻尿、残尿、排尿痛に用いられます。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)

桂皮や芍薬など6種類の生薬で胃腸の調子を整えてくれます。体力・胃腸が弱くて疲れやすい、また頻尿や多尿など排尿異常を伴う場合の小児虚弱体質、小児夜尿症などに勧められることが多い漢方です。