【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » アトピー・アレルギー

アトピー・アレルギー

アトピー・アレルギーの改善に実績のある大阪の漢方専門薬局を厳選して紹介。アトピー・アレルギーに対する漢方薬の効能についてもまとめています。

アトピー・アレルギーの改善に実績のある漢方薬局3選

春風漢方薬局

春風漢方薬局_公式キャプチャ画像
引用元HP:春風漢方薬局
http://harukaze-kanpou.com/

店主自らの実体験をいかし
相談者に寄り添うカウンセリングが評判


春風漢方薬局の店主は、高校2年の時からアトピー性皮膚炎で苦しんでいたそうです。皮膚科に通っても改善することなく、痛みや痒みに悩まされ、夜は眠れない日々を過ごしていました。しかし、漢方薬を利用したところアトピーが完治したんだとか。その経験をいかし、悩む相談者に寄り添ったカウンセリング・処方が評判です。

>>公式サイトで特徴を詳しく見る<<

春風漢方薬局の口コミ・評判

男性の横顔のイラスト

中学生の頃からアトピーでした。30代は食生活に気を付けていたので症状が落ち着いていたものの、40代になってから再発。特に顔や首のあたりが赤くなり、痒みもひどく、範囲も広がって上半身全体が辛い状態になりました。漢方薬を飲み始めて1か月後、痒みが少しマシになり、夜も眠れるように。5か月後には赤みが完全に引き、痒みも楽になりました。1年半後には、痒みも消え、皮膚もキレイになり、快適に過ごしています。

男性の横顔のイラスト

小さい頃からアトピーで、大学に入ってからかなりひどい状態になありました。漢方薬を飲み始めて半年間はあまり効果が見られませんでしたが、それを過ぎた頃から痒みが少しずつ消え、夜も掻き毟ることはなくなりました。2年経過すると、痒みも乾燥もなくなりました。

女性の横顔のイラスト

40代女性。アトピーによる全身の痒み、赤い炎症、乾燥が強く、痒くて夜なかなか寝つけず、何回も目が覚める、という状態でした。漢方薬服用3か月後、赤みが引き、夜も眠れるようになりました。半年後には、顔の赤みもなくなり、10か月後からは痒みも乾燥も消えました。

>>公式サイトで実績を詳しく見る<<

春風漢方薬局の基本データ

所在 大阪府豊中市寺内2丁目2-22 シャトーエデン 109
アクセス 地下鉄 御堂筋線 緑地公園駅(北大阪急行)徒歩1分
営業時間 平日/9:00~19:30
土曜/9:00~18:00
定休日 日、祝日
相談受付方法 メール、電話
平日/9:00~19:30
土曜/9:00~18:00

漢方百草園薬局

漢方百草園薬局公式キャプチャ画像
引用元HP:漢方百草園薬局
http://100souen.co.jp/

アトピーの症状を10タイプに分けて
きめ細かな漢方の処方を実施


アトピー性皮膚炎は、病気にかかりやすい体質、食生活、生活様式、低体温、ストレスなどの要因が複雑にからんで発生するのではないかと言われています。漢方百草園薬局では、西洋医学のように、痒み止めやステロイドを対症療法で処方するのではなく、アトピーの状態から10のタイプに分け、それぞれ異なる漢方の処方をします。

>>公式サイトで特徴を詳しく見る<<

漢方百草園薬局の口コミ・評判

女性の横顔のイラスト

自分の体質や症状について丁寧に説明してくれました。最近の漢方薬は錠や顆粒、シロップ剤もあって煎じる必要がなく、とても飲みやすいですね。処方された漢方薬を飲みおわったら、また相談に来たいです。

>>公式サイトで実績を詳しく見る<<

漢方百草園薬局のデータ

所在 大阪府藤井寺市岡2-8-9
アクセス 藤井寺駅北西出口の階段を下りて徒歩約30秒
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜、祝日、月曜日不定休 
相談受付方法 来店、電話、メール
10:00~19:00

廣田漢方堂薬局

廣田漢方堂薬局_公式キャプチャ画像
引用元HP:廣田漢方堂薬局
http://www.hirota-kanpodo.com/

アトピー性皮膚炎を改善するために
初心で患者の体の状態を細かく分析


西洋医学的な概念も取り入れた独自の理論で処方。初診は患者の体の状態を細かく分析し、漢方を調合するとともに、これからすべきことをわかりやすく丁寧に説明します。アトピー性皮膚炎の症状を改善するには、実際に皮膚の状態を詳しく診なければならないため、一部の場合を除き、電話相談は行っていません。

>>公式サイトで特徴を詳しく見る<<

廣田漢方堂薬局の口コミ・評判

女性の横顔のイラスト

20代になってアトピーと診断され驚きました。ステロイドは根本治療にならないと知り、体質改善をめざし漢方を始めました。先生は毎回しっかりと漢方のこと、生活習慣、食事について説明してくれて、信じつづけようと思いました。半年経ってから目に見えて症状が良くなり、症状がひどくなった時は先生に処方を変えてもらったりしています。

女性の横顔のイラスト

生後7か月でアトピー性皮膚炎という診断。治ったらまた出てきての繰り返しで悩んでいました。こちらの薬局にしたのは、偶然サイトを見つけたからです。今では少し乾燥する程度で、痒みもほとんどなくなり、機嫌のいい時間が長くなってきました。

女性の横顔のイラスト

子ども二人が生まれてすぐアトピーと診断されました。全く良くならず、最後の希望で伺いました。飲み始めて2か月、痒みで眠れない日々が続かなくなり、少しずつ改善されています。母親である私のストレスも減り、本当に感謝しています。

女性の横顔のイラスト

夜中は血だらけになるほどかいてしまい、痒みと痛みで眠れませんでした。こちらの漢方を飲み始めてから、痒みがなくなり、眠れるようになりました。顔や肘、膝の皮膚にも潤いが出て、だいぶ良くなってきています。

>>公式サイトで実績を詳しく見る<<

廣田漢方堂薬局の基本データ

所在 大阪府大阪市港区弁天4-5-1
アクセス JR「弁天町」駅より徒歩3 分
地下鉄中央線「弁天町」駅より徒歩3 分
営業時間 平日/10:00~18:00
土曜/10:00~14:00
定休日 日曜、祝日
相談受付方法 受付時間内に、電話 かWEBにて予約(完全予約制)
平日/10:00~18:00
土曜/10:00~14:00

アトピー・アレルギーに対する漢方薬の効能

アレルギー体質の人は、体内に抗原(アレルゲン)が入ると過剰な防衛反応をとってしまい、痒みや発熱・発赤などの症状が出てしまいます。花粉症などに代表されるアレルギー性鼻炎をはじめ、アトピー性皮膚炎、じんましん、気管支ぜんそく、蕎麦アレルギーなどさまざまなアレルギーがあります。なかには、生命にかかわるショック状態を引き起こすものも。

西洋医学では、まず血液検査を行い、免役グロブリンEという抗体の有無を調べて、アレルギー性の疾患かどうかを確かめます。アレルゲンを特定したら、抗原の水溶液を皮膚の下に注射し、徐々に体を慣らしていく減感作療法を行います。使用する薬は、抗ヒスタミン剤や抗炎症剤、抗アレルギー剤です。アトピーなら、抗ヒスタミン剤やステロイドホルモン剤による薬物療法が中心となります。

一方、東洋医学の漢方薬治療では、アトピーやアレルギーに関して身体の免疫力を高めたり、体質改善を行うことを主な目的として用います。アトピーは精神不安やストレスで発症することもあるので、不安やストレスを解消するために漢方を用いることも珍しくありません。

いずれの場合も、症状が激しい時は西洋医学の治療を優先しましょう。反対に、症状が慢性化している場合や、西洋医学治療によって食欲不振や倦怠感がある場合には、漢方薬を併用すると効果が高まる可能性があります。

以下の薬が、よく用いられるものです。

消風散
(しょうふうさん)
【アトピー、じんましん】患部がジュクジュクしていて痒みが強い人に向いている漢方薬です。
十味敗毒湯
(じゅうみはいどくとう)
【アトピー、じんましん】皮膚疾患になると化膿しやすいタイプのアトピーやじんましんに処方されます。妊娠の可能性がある人は服用できないので注意してください。
黄連解毒湯
(おうれんげどくとう)
【アトピー】患部がジュクジュクしていて赤みがあり、肌が乾燥している人に向いています。
温清飲
(うんせいいん)
【アトピー】皮膚が乾燥しやすく、女性ホルモンの影響でのぼせやすい人に向いている漢方薬。
小青竜湯
(しょうせいりゅうとう)
【花粉症】水分の多い痰や鼻水、くしゃみ、目の痒みを抑えるために処方されます。
苓甘姜味辛夏仁湯
(りょうかんきょうみしんげにんとう)
【花粉症】水分の多い痰、咳が続くときに処方されます。冷え性が続いていてあまり体力のない人に向いています。