【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび » アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎(花粉症)におすすめな漢方薬

杉花粉が舞う季節になるとつらいアレルギー性鼻炎(花粉症)。実は、漢方にはアレルギー性鼻炎の症状を緩和するために用いられるものもあるのです。

まず原因を特定し、自分の症状・体質に合った漢方を飲むことで、症状を和らげられるかもしれません。

ここでは漢方医療と西洋医療、双方のアレルギー性鼻炎に対する考え方を紹介しながら、実際にアレルギー性鼻炎で使用されている漢方薬を紹介していきます。

漢方医療から見たアレルギー性鼻炎の原因・考え方

漢方では、どんな疾患に対しても「目に見える症状を抑えるための処置」に加えて、「根本原因を解消するための体質改善」を行なうのが常です。

アレルギー性鼻炎に対しても、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状緩和をサポートする漢方を飲んでもらいつつ、アレルギー体質そのものの改善も進めていくのが漢方の考え方。全身の状態をチェックするための診察・全身の免疫強化・虚弱体質を改善するための処置も行なわれます。

症状が出た部分だけをピンポイントに対処する西洋医療とは異なり、対症療法も行ないつつ全身の体質改善を促し、アレルギー性鼻炎の改善を目指すのが漢方です。

漢方にはアレルギー性鼻炎に使用できるものが何種類もあるので、その中から自分の症状にピッタリな薬を選ぶことができます。

アレルギー性鼻炎の病院(西洋医療)の考え方

一方、西洋医療におけるアレルギー性鼻炎は、「Th2」という免疫細胞のリンパ球が、花粉やダニなどのアレルゲン(抗原)に対してアレルギー反応を起こした結果だと捉えています。

アレルギー反応を起こしてしまうのはTh1とTh2、二つのリンパ球のバランスが崩れているためと考え、それを改善するために、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬の処方、鼻の粘膜を焼くためのレーザー治療、アレルギー反応を抑制するための減感作療法などを行います。

漢方とは対照的で、原因を特定しつつも、表れている症状を緩和する処置を優先するのが特徴です。ステロイド薬や抗菌薬の投与が行われるのは、まさにその象徴といっていいでしょう。そのため、表面に表れているつらい症状をいち早く緩和できるのが強みです。

アレルギー性鼻炎に使用される漢方薬

アレルギー性鼻炎に使用される漢方には複数の種類があり、症状やタイプに合わせて適切なものを選択する必要があります。

くしゃみが頻繁に出る、鼻水が無色透明、体が冷えると症状が悪化する…こういうタイプの人には「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」がおすすめ。小青竜湯は、麻黄剤に分類される漢方薬で、発汗や炎症の改善を促すといわれており、主に水分バランスの調整を行ないます。

また、蓄膿症や慢性鼻炎、強い鼻づまりの症状が顕著な場合には「葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」が用いられます。葛根を主成分として麻黄・桂皮・芍薬など7種類の生薬を使った漢方です。鼻の通りをよくする「辛夷(しんい)」も配合されており、鼻づまりを改善する効果が期待できます。

他にも、ネバネバした濃い鼻水が出たり頭が重たい感覚を伴う場合は「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」や、匂いが分からないときの「辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)」、胃腸が弱い人向けの「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)」、体を温めて治す「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」など、体質や症状に合わせたさまざまな漢方があります。

アレルギー性鼻炎で漢方を使う場合は、本人の症状・体質・抵抗力などに合わせて使い分ける必要があります。自己判断をせず、最寄りの漢方薬局で相談すると、より自分に合った漢方を見繕ってくれるでしょう。