【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび

【悩み別】実績ある大阪の漢方薬局なび

漢方薬が得意としているのは、西洋医学では診断名を付けにくい症状の改善です。

たとえば、虚弱体質による不調や体力の低下、加齢による様々な症状、アレルギー疾患、心身症や神経症、女性特有の更年期障害や婦人科系の症状です。

このページでは、漢方薬を利用する人が悩む代表的な病気を、その病気の治療を得意とする薬局の情報とともにまとめて紹介します。

不妊

長期間にわたってなかなか子どもを授かることができず、悩んでいる夫婦は年々増えています。明らかな原因があるならば、西洋医療による治療を中心に、漢方薬はサポート的な役割を果たします。しかし、原因不明の不妊症の場合は、漢方薬の利用が功を奏することもたびたびあります。

>>不妊治療をサポートする漢方薬局を見る

アトピー・アレルギー

体内にアレルゲンが入った時に免疫機能が過剰に反応し、身体を傷つけてしまうことをアレルギーといいます。アトピー性皮膚炎もアレルギー性の病気のひとつです。緊急を要する激しい症状は西洋医学に任せるべきですが、症状が慢性化している場合は、西洋医療による治療と漢方薬との併用することで、より早く症状を緩和できる可能性があります。

>>アトピー・アレルギーの緩和をサポートする漢方薬局を見る

イライラ・うつ

イライラやうつ状態など、病名がつくほどではないけれど、日常生活に不便を感じる状態にも、漢方はよく効きます。特に女性特有の身体の構造からくるイライラ・うつは、古来から漢方が得意とする分野です。

>>イライラ・うつからの回復をサポートする漢方薬局を見る

耳鳴り・めまい

実際には鳴っていない音が聞こえてしまう症状を耳鳴りといいます。音や随伴症状は原因によって様々ですが、まずは原因を突き止めることが大切。高血圧・低血圧・更年期障害による耳鳴りの改善は漢方の得意分野です。

>>耳鳴り・めまい改善をサポートする漢方薬局を見る

がん

がんの治療は、手術で悪い部分を切り取る西洋医学が得意とする範囲です。がん治療に対して漢方治療は、手術や抗がん剤の副作用などで弱った身体を元気にする補助療法を行います。抗がん剤の副作用である下痢や腎障害の予防、末梢神経障害、食欲不振、粘膜障害にこう効果がある漢方薬は、症状緩和のために処方されることもあります。

>>がん治療をサポートする漢方薬局を見る