【保存版】大阪の漢方薬局ナビ » 漢方内科がある大阪のクリニック一覧 » こうり痛みと漢方の医院

こうり痛みと漢方の医院

「こうり痛みと漢方の医院」は、大阪府豊中市に院を構える、痛みを取ることを専門にしている漢方クリニックです。このページでは医院の特徴などを紹介しています。

こうり痛みと漢方の医院の特徴

痛みを緩和する専門医

「こうり痛みと漢方の医院」は、専門の麻酔科医が在籍しており、院名のとおり「痛みの対応」に強みを持つクリニックです。麻酔科医は、手術の時に患者の状態を管理する麻酔の専門家。そのノウハウを生かし、慢性的な痛みに苦しんでいる人に役立てるのが同院のスタイルです。頭痛や腰痛、神経痛、関節痛、顔、肩、首、脚の痛みなど、全身の痛みやしびれを治療していけるので、慢性的な痛みを抱えている人にぴったりの医院と言えるでしょう。

痛みの専門家が手掛ける施術

「こうり痛みと漢方の医院」の専門医は、必要とあらば原因となる疾患の当該科と連携し、治療にあたります。その際には、神経ブロック、薬、漢方、鍼灸など、通常のクリニックでは対応できないような治療も駆使して対応。そのなかでも治療の柱となるのが、神経ブロック。こうり痛みと漢方の医院では、超音波診断装置を用いて、安全かつ確実な神経ブロックを行っています。

漢方のスペシャリストが在籍

「こうり痛みと漢方の医院」の医師は、北里大学東洋医学総合研究所の花輪壽彦教授に師事して日本漢方を習得した、漢方の専門医でもあります。日本漢方は、江戸時代の初期に中国医学から独自に発展していった、より日本の環境や風土、日本人の体質に合った医学として発展してきました。そのなかには、西洋医学では病名がつかないような症状への対応もあります。すべての疾患に原因を求め、原因を治療するというのが、漢方治療の大原則となっているのです。「こうり痛みと漢方の医院」では専門医が症状に応じて適切な処方をしてくれるので、自分の症状をしっかりと医師へ伝えると、症状にあった治療を受けられるでしょう。

こうり痛みと漢方の医院の医院情報

診療時間
9:00~12:00 ※土曜は9:00~14:30 - - -
午後の診療時間 - - - - - - - -
  • アクセス:阪急宝塚線「庄内」駅 西口より 徒歩約3分
  • 所在地:大阪府豊中市庄内西町3丁目19−24